「非核非戦」の碑って知ってますか?





門徒の方の家にお参りに行くと、たまに61年前の夏の話を聞くことがあります。
「原爆が落ちた時に家族は長崎市内に住んどったとですよ。ちょうどそん時はわたしは長崎ば離れとったもんですから、自分だけ助かってしもうた。なんか申し訳なくて・・・でも、家族はどこでどうやって死んでしまったかわからんとですよ、今となっては探しようがなかですけんね。残念です。」
これはあるおばあさんの話です。
その時に長崎教務所の境内地に建っている「非核非戦の碑」のことを話すことがありました。
その方は、いまでも毎月そこで法要が行われていることを知ってとても驚かれていました。
それから、たびたびそういった話が出るたびにそのことを話すのですが、どれほどの方がその碑のことを知っているのかとおもい、このブログを書いてみようと思い立ちました。


長崎駅前に程近い筑後町、真宗大谷派長崎教務所の境内地に原子爆弾でなくなられた身元のわからない一万体とも二万体ともいわれるお骨が入っている『非核非戦の碑』があります。
そのよこには”共に生きよ”との碑文も刻まれています。
長崎教務所では毎月9日には原爆定例として、法要が勤まっています。この61年間勤められています。
8/9には原爆法要としては一年で一番おもい法要が勤まります。
毎月の法要に訪れるひとはほんの僅かですが、なかには必ず毎月お参りに来る方もいます。
かつて”焦土”と化した長崎の町の記憶は、人々の中で、遠い過去のことになりつつあります。
そんな記憶を忘却するかのように、近年では「二度と過ちは繰り返さない」と世界に誓った憲法を改訂し、また戦争の出来る国に退転しつつあるように思えてなりません。

この国がまた同じ過ちを繰り返すかもしれないこの時代に、「非核非戦」という言葉がどれほど、この現代という”闇”を照らしているか、そのことを私たちは今一度、他人事ではなく、自分の生活の中にあって、そのことを深く考えなおさなければいけないのではなでしょうか。





その碑の隣には次の縁起文が刻まれています。

続きを読む >>

仏華講習会in萬行寺

長崎教区の仏華講習会がありました。花
この講習会は年に一回行われ、今年は萬行寺が依所でした。
読書10ヵ寺、約90名の門徒と住職や若院、役僧が集まり、仏華の基礎的なことなどを中心にした講義がありました。


先生が実際目の前で生けながら説明するという形式で、朝9時半から16時まで講義がありました。
賑やかに「ああでもない、こうでもない」といいつつ、いままで自分がやってきたやり方とは違う様子を見て疑問に思う人や、いくつも質問をする人もいました。
なかには自分の華をいけることに夢中になって、先生の華を見ていない人も一部いましたが、そのほかの皆さんは思ったよりも簡単にいける先生の様子と、出来上がった華をみて熱心に見て研究していました。
講義の後、実際に自分たちでいけてみて、それを先生に見てもらい、よくないところを手直ししてもらいました。中には一部始終メモをとっている人もいました。

賑やかな一日でした。

御流罪の地を尋ねて



3月5日〜7日の3日間。親鸞聖人が流罪になられた地にいってきました。

親鸞聖人上陸の地、居多ヶ浜からスタートし、いくつかの御旧跡を尋ねてきました。
その日の天候は荒れていましたが、どうしてもその浜を見たくて、飛ばされそうになりながらも、少しだけその空気に触れてきました。

聖人の求道生活は、この流罪によって、より実践的になったのではないかといわれています。
だから真宗大谷派では、ただの流罪ではなく『御流罪』だといいます。
私はその浜の空気に触れ、聖人の御苦労を想像していましたら、その浜から上がったところに記念堂があり、そこに金子大栄先生の”念仏発祥の地”の碑がありました。
そこを現在守っておられるおばあちゃんの話を聞き、確かに聖人の念仏が今に至るまで、この地にも響いているのだと、荒れた波と風の音に聞いてきました。
                             役僧 林田

原爆定例会、学習会。

きょうは「靖国問題を学ぶ住職・組門徒合同学習会」にいきました。場所は長崎教務所です。
講師は熊本教区、山田寺住職、湯浅成幸師。

-前半-

終始して、真宗門徒の信心の問題を中心に靖国問題をみるという話でした。
<青はテキスト引用>
わたしたちは真宗の門徒の家が宗教という因習的な姿になっているように理解していたのです。ところが靖国問題が出てきたことによって、真宗門徒だと思っていたものの化けの皮が剥がれて正体が見えた。真宗門徒だと思っていたけれど、実際は全部神道だったのです。念仏を称えているような顔だけど、意識は神道だったんだ。靖国問題によって門徒の実態が見えたのです。ところがそういう問題が教化の問題として具体的に消化されなかったのです。 そこではじめて本当に我々は真宗門徒なのか、ということが靖国問題などに問われてくる。

靖国問題は、政治的問題・思想/歴史観・宗教観と多様にあるが、大事なのは、真宗門徒にとって信心とは何なのかということを問題にしない限り話にならない。われわれは親鸞聖人のいわれた仏道から靖国を見ていかなければいけない。そういう意味で念仏が我々の中に血肉化していない。そういう反省と、真宗の本来化へのうごきから同朋運動が始まっていく。しかし実際は、靖国問題は一つの社会問題として出てきましたが、それが一か寺一か寺の寺の門徒の心に入らなかった。社会問題というだけで受け止められて、門徒の意識が実際には真宗という名の神道に過ぎなかったんだ、そういうところに気がつかなかったのです。
報恩講はそういった迷っている自身をあきらかにするもの、それが信心。信心を語れなかったことを語る場。
靖国問題は結局、信仰の問題として土俵に上がらなかった。だから靖国問題は宗門本来化への糸口にならなかったのではないでしょうか。
同和問題は、一言でいうと、真宗大谷派に親鸞聖人はおいでになるかどうかどうかという問いかけです。



-後半は主に”罪”について、王法と仏法とのちがいについてでした。

罪には表面化する罪(身業・口業)と表面化しない罪(意業)がある。
表面化しない罪(意業)は口に出さなければ、世間では罪に問われることはない。しかし親鸞聖人が阿弥陀如来の本願に逢って見えてきた罪悪観は、凡夫、人間に生まれたことの意味ががわからないという世間では問われようのない罪悪観だった。人々の苦しみや悩みが親鸞聖人にとって生活の真っ只中に浄土の門を開いていく入り口となっていった。
親鸞には紫の衣も金襴の袈裟もなかった。文学博士の称号も天にそびえる殿堂もなかった。親鸞にあったのは、貧困と流罪と念仏と愚禿だけであった。この問いかけにどこまで答えられるでしょうか。

◯真宗にとって”寺”とは念仏道場である。


-感想-
この日の帰りに、駅前の本屋で竹中智秀先生の本を見つけたました。帯には「阿弥陀如来の国か、天皇の国か」と書かれてありました。
これこそが今日問題になった「信心の問題」ではないかとおもいます。
阿弥陀如来の国に生まれたいと念仏しながら、実際は政治がつくりあげた現人神を崇めている。浄土に生まれることを願う念仏者が、阿弥陀如来の国ではなく、国家の「柱」として「礎」になり、犠牲(=いけにえ)になるそんな時代の足音が近づいているように思います。
戦争は戦争の顔をしてやってこない。そうおもいます。
しかし、かつて大谷派も舵取りを間違い、大切な念仏者を戦地に送ってしまった時代があります。
だからこそ、靖国問題は宗門にとって欠かすことにできないピンチをチャンスに変える私たち一人一人にとっての大事な信心回復の運動なのだと改めて感じました。
                              大攝

無事、帰山


京都へいってきました。

一年間続けてきた「推進員養成講座」の締めくくりは、真宗本廟。
ぼくはスタッフとして参加。
24日から27日までまでの3泊4日。

帰敬式・清掃奉仕などをし、本廟の本尊の前で推進員としての誓いをたてました。




それから東本願寺の中もいろいろと見せていただいた。
本願寺の歴史に初めて触れ、そのふかさに驚き、みんな思った以上に楽しそうだった。
来て良かったと思った。


最終日には聖人のご苦労をしのび、比叡山にも登り、門徒の人たちと行ったはじめての記念すべき本廟参詣でした。
                            大攝