8月9日という日/非核非戦法要



今年もこの日がやってきました。毎年この日が来るたびに、あの日も同様にじりじりと焼ける日差しだったのかと想像します。

 長崎教区がこの64年来、忘れえぬ念いとして大切にしてきたテーマである『非核非戦』。ここ爆心地から5キロほど離れた筑後町にある東本願寺長崎教区教務所の境内地には『非核非戦』と書かれた碑があり、ここには1万体とも2万体分とも推定されているおびただしい数の身元不明の被災者の遺骨が納められています。ここで64年来、毎月欠かさず法要が営まれてきました。
しかし、昨今では参詣者の数も年々減ってきています。教区内の僧分の原爆に対する認識も変わりつつあります。

『非核非戦』
この言葉は原爆の惨劇を目の当たりにした先師方が、あの焦土の中から紡ぎだした被災者の声なき声でした。
今日、声高に叫ばれている核廃絶への道は、核兵器そのものをなくすことが全ての解決策ではありません。無論、早急に核兵器を廃絶し、武器のない世界を創出しなければ、人類の未来は暗いものになるでしょう。そういった意味でもその第一歩を踏み出すことは大事です。
しかし、最も問題なのは武器をなくしても、それを造り出すような人間の心を放棄しなければ、真の意味で問題の解決にはならないという事です。

これまで長崎教区が大事にしてきた『非核非戦』という言葉の本意は根本の問題を提示しています。それは我々人類が原弾を落としてまでも自らを鼓舞しようとする人間の無知と無明の知恵に『非』と問うて、人間を真に解放したいと願っている如来の呼び声なのです。

しかし、その事実も時間の経過とともに忘却の一途を辿り、再び同じ過ちが繰り返されようとしています。
この「忘却」は、原爆の被災者を二度殺すほどの暴力であるという事を、私たちは再び心に刻まなければなりません。

日曜学校巡回



長崎教区の児童教化活動として、はじまった子供会巡回。
教区の活動として、長崎市内の寺院を重点的に回って子供会を展開しています。
今回は3回目。



今日は時津町の萬行寺です。心配された天気もなんとかもち、晴れはしなかったものの、そのお陰で気温も上がることなく、この季節としては、過ごしやすい気温でした。
今回の参加は夏休みという事もあってでしょうか、やや少ない参加でした。
それでも30人ほどの子どもたちがやってきて賑やかでした。

住職のあいさつです。
皆さんよくいらっしゃいました。
ここは時津の萬行寺です。
ここのお寺は370年ほどになります。昔は肥前国大村藩時津村といっていました。


ここには仏さまがいます。名前を阿弥陀仏といいます。皆さんの家にも同じものがありますね。皆さんの家の仏さまは絵になったりしていますが、どれも小さいものですね。きょうは皆さん、ここの仏さまに遇いにきたんですよ。




読書まずはお勤めです。
真宗宗歌
正信偈
ちかいのことば
御文 『末代無知』



その後は、ましゃのお話です。今回は『愚公、山を移す』というお話でした。



毎回恒例のスタンプを押します。毎回来た人は、これで3つめのスタンプです。









その後は外でレクリエーションです。



今回は夏といえばスイカです。ということで『スイカボーリング』です。





ボーリングマンも見守っている中で繰り広げられました。スイカのビーチボールでペットボトルのピンを倒します。なかなかシンプルでも楽しい遊びです。



みんなだんだんコツを得てきて、上手になってきました。





終わった後は、スイカを食べます。大きなスイカを割って食べました。
スイカの前には人だかりが出来ました。





ほんとうに美味しそうです。夏ならではでいいですね。



夢中に食べていますね。美味しそうです。




子どもたちは境内のカマキリやセミに夢中です。





最後は『恩徳讃』をみんなで歌って終わりです。
次回は10月。岩川町にある善教寺で行います。またあいましょう。

非核非戦の碑の清掃


とうとう8月になりました。

今年も恒例の9日に行われる『非核非戦法要』ための清掃作業。
64年目の夏。原爆の記憶の風化とともにこれからの世界がどう変わっていくのか考えると不安になるような状況です。
被災者はまさに「非核非戦」と人間の無明に対して叫び続けているのですが、我々は現実問題に追われ、本来考えなければいけない問題にすぐ蓋をしてしまいます。
被災者の声を忘却の彼方に押しやってはいけないと思います。

今年は去年に比べて少ない参加となりました。

終わった後はバーベキュー。
これも例年の通りの風景です。

非核非戦とは?>>

長崎教区内の皆さま。
『非核非戦』は教区にとって大変大事な事業です。
非核非戦法要はその要ですから必ずご出席ください。

または門徒・一般の方のご参詣も心よりお待ちしております。




遇願洞公開講座

この時期には公開講座が目白押しです。
それもそのはず、この時期は決算なのです。一年の〆の月にあたり、最後に講座をもってしめる事からこうなっています。
今日は遇願洞公開講座。この2年間親鸞聖人が関東の弟子たちへ宛てた手紙、『御消息集』を学んできましたが、今回でちょうど読み終えたので、次からはお待ち受け大会にむけてということもあり、同朋会運動を学ぼうという事になっています。
今回の講師は長崎教区の第2組、崎戸法恩寺のご住職益田惠真師にお話いただきました。御消息集にみえる関東の弟子たちの造悪無碍の問題をとりあげてお話しくださいました。

九州教学研究所長崎分室公開講座


二日間の公開講座です。
講師は幡谷明師。
回向についての講義でした。

序講は回向の歴史的背景から始まって、法然上人の回向から親鸞聖人の回向の了解をお話しくださいました。
内容は多岐にわたり大部で、話が次々に展開していくのでついていけないところもありました。
回向ということは、浄土真宗という仏道のなかで、最も根幹をなす事ではないかと思います。

幡谷先生は、法然上人は浄土真宗を親鸞聖人に託され、上人の示された如来回向へ展開された。
その回向の系譜が教行信証の後序にもあらわれているし、天親・曇鸞の祖師から二字をもらった親鸞という名前がそれを物語っているとも話されました。

あいにく二日目はお葬式が出来たために途中で退座し、最後まで聞くことは出来ませんでした。


講義には、門徒さんも来られていました。

雅楽の稽古

今月の24・25日にアメリカのバークレー別院から門徒さんが12人ほど萬行寺にやってきます。
門徒と言っても、みんな中学生や高校生で、ほとんどが日系の何世かになる人たちのようです。
どれほど日本語が出来るのかもわかりませんが、交流のために雅楽を演奏してもらおうということで、教区の雅楽隊、自然相和会(/じねんそうわかい)に演奏をお願いしました。
今日はそのための稽古です。








長崎教区 秋安居

長崎教区の安居が終了しました。


毎年6月の雨の多い時期になると、長崎教区では3日間泊まり込んで、おおよそ教区内ほとんどの僧分が安居(あんご)に集います。安居(あんご)とは、釈尊の遺弟たちが農閑期になると、信者たちが農作業で忙しく働くことから、その時期に弟子たちが一つの場所に集まって集中的に釈尊の教えを学んだという故事から、現在も伝統されている仏事です。
 今回は例年になく、3日とも参修者が多く連日本堂内は満堂の状態で満講をむかえました。

これから長崎教区秋安居では、三年間池田勇諦師にご出講いただくことになっています。
今回の講題は『「証文類」に浄土真宗を学ぶ』でした。
1、なぜ教釈を読み、学するのか
2、「教行信証」はなぜ書かれなければならなかったのか
3、愚禿の名告り
4、願生と得生
という順番に講義がありました。
---------------------------------------------

 崎教区の安居は70年以上昔、西坂(現在の長崎駅前の26聖人殉教の地)に長崎教務所があった時代に『夏期講習会』として始まりました。
夏になると、教区内の住職や若院。あるいは法務員が柳行李を担いで、暁烏敏、金子大榮、曽我量深などの浩々洞(こうこうどう)の諸師方のお話をききにきていたそうです。
この伝統が受け継がれ、現在の筑後町に教務所が移転しても相変わらず浩々洞出身の先生方はおいでになられました。
曽我量深先生が昭和45年までおいでになられ、昭和46年に御遷化なさいました。
その頃、長崎教区で『秋安居/しゅあんご』という名前で呼ぶようになりました。
現在では、佐世保別院で毎年行われています。
 来は、安居というのは、本講の先生がおいでになってお話しするものですが、長崎の場合は、そういう先生方をお呼びせず、聴講したいと思う先生方においでいただいていますから、いわば純粋な安居ではありません。
本講の先生方を呼ぼうという声もありましたが、初心を忘れず現在でも「夏期講習会」のスタイルをとっています。




かも、曽我先生は安田先生にこういわれたたそうです。「安田君、あなたは、長崎に行ってみなさい。長崎の皆さんは、威儀正しく墨袈裟を掛けて正座をしているんだ。そこにあなたは行ってくださいといわれてきておるのだ。」そう安田先生からお聞きしました。
 非常に素朴な受け止め方をしている。我々が墨袈裟を掛けていることを曽我先生も、安田先生も非常に大切にしておられた。
       住職談



大衆供養のお勤めをします。この日は教区内の門徒も参加します。
一年のうちにこれだけの僧分が集まってお勤めするのは、この日だけです。



夕食も一同一緒にいただきます。
朝・昼・夕食ともに婦人会の方達が3日間つくってくださいました。本当にありがとうございました。




その後は講義が続きます。

長崎分室

今日は長崎分室の6月定例です。
昨日に引き続き、浄土論注の『女人及根欠 二乗種不生』の部分を学習しました。
いろいろな意見が交わされました。
さて、いよいよ8日から3日間。泊まりがけでの安居が始まります。
明日の午後からは長崎教区の事業「日曜学校巡回」です。

1組育成員学習会公開講座

タイトルを見ると漢字ばっかり。。。
見る今日は長崎教区第1組の育成員学習会の公開講座です。
いったい何を育成するのかと、疑問があることでしょう。これは宗門の中に『推進員』と呼ばれるよばれる門徒の人たちがいます。
これは積極的にお寺の行事へ参加し、門徒教化を僧分では出来ない細やかな仕事や、親鸞聖人の教え、そして念仏者を育てる相続の仕事を担っていただく門徒のことです。

その推進員を責任もって育成する委員会のことです。
今日はその委員会の公開講座です。

これまで、善導大師の『観経疎/かんぎょうしょ』を学んできました。
その

今回は曇鸞大師『浄土論注』の「女人及根欠 二乗種不生」をテーマに教学研究所の研究員・  師にご講義いただきました。

この文は非常に難しい部分で、浄土論注を読み進める中で一つの難所と言っても過言ではないところだとおもいます。
差別の問題や性の問題など、人間社会を営んでいく中で必ずおこってくる問題を直視してとらえた部分であるがゆえに慎重に理解していくことが求められるところです。


 

第一組 若婦人研修会in萬行寺



今日は長崎教区第1組の若婦人研修会です。
第1組の房守・若房守・門徒を中心に毎年会所を移して婦人部の研修会が行われています。
今年の研修会は萬行寺です。
1組は長崎、諫早、島原にまたがってお寺がありますので、一番遠くは島原から来られた人もいます。にもかかわらず80名ほどの参加がありました。



本堂は満堂です。

まずお勤めをした後、住職の法話がありました。
昼食を食べた後、午後からは各班に分かれての座談会をしました。
活発に意見がかわされていました。



続きを読む >>

九州教学研究所 長崎分室定例会

長崎分室の定例会です。

長崎分室では、曇鸞大師の『浄土論註』を研究しています。

浄土論註とは、親鸞という名前が示しているように、天親(世親)の浄土論を受けて、曇鸞の浄土論註へと受け継がれた浄土教の根幹をなす重要な必読の書物といわれています。

今は、なにが書いてあるのかさっぱり解らないというぐらい大変難解な書物だな、と感じています。しかし、それも繰り返し読むうちに、その味わい深さが解ってくることだろうと思います。

今回は、荘厳雨功徳成就(しょうごんうくどくじょうじゅ)というところからです。

偶願洞と送別会

よくきくセリフですが、春は別れの季節でもあり、出会いの季節でもあります。

今日は偶願洞の学習会の後、西光寺の役僧さんの後藤さんの送別会でした。
遠くは川棚からもかけつけてくれました。
珍しく大入りです。
愛されてるな〜。後藤君!
長い間、ご苦労さまでした。

後藤さんは、姫路のお寺に入寺されるそうです。拍手
ツキナミな言葉ですが、互いに頑張っていきましょう。
Good Luck!

ちなみに次回でこれまで勉強してきた『御消息集』は一区切りを迎えます。
そこで、当面は来年の長崎教区の『ご遠忌おまちうけ』に向けて、同朋会運動について勉強していこうじゃないかということが、提案され、一応は承認されたようです。
企画会では、同朋会運動についてどのような形で勉強会を行っていこうかと思案していた最中でしたので、その提案はおまちうけ企画会のメンバーとしては、大変ありがたい言葉でした。

ということで、偶願洞も近々、リニューアルです。
教区内の皆さんぜひとも偶願洞に参加よろしくお願いいたします!