年末 除夜の鐘のおしらせ

今年もいよいよ終わり。明日は大晦日ですね。

今年やり残したことはお済みでしょうか?

 さて、今年も除夜の鐘は11:30ごろより撞き始めます。

●まずは本堂に上がり阿弥陀如来に合掌礼拝してお参り下さい。

●お参りが済まれた方から順に整理券を本堂内で配布します。

 

●お持ちの方はお数珠(じゅず)と賽銭(さいせん)を持参ください。(お持ちでなくとも鐘を撞くことはできます)

 

整理券は先着順です。

毎年来場者多数のため混雑が予想されます。グループでおいでの方は1グループにつき整理券を一枚配布します。

整理券をお持ちの方から順に一列に並び、順に撞いて下さい。よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

 ところで「除夜の鐘がうるさい」との苦情で、都会のお寺が自粛を余儀なくされているとのSNSの書き込みを見つけました。これは今に始まったことではありませんが、それもご時世なのでしょうね。ちと寂しい気がします。「夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘が鳴る〜」のフレーズもいまは昔といったところでしょうか。

 自粛したお寺は深夜ではなく夕方の6時ごろに時間を変更したらかえって反響があって来場者が増えたという話です。

 それも一案かなと思う今日この頃です。みなさんのご意見はいかがでしょうか?

 


 

「お寺でじいーん」の撮影

「いっちゃん」こと、市原隆靖さんが来寺。YouTubeにて市原さんが企画・出演・編集する番組『お寺でじぃーん』の撮影が行われました。

はじめての「お題トーク」に少々戸惑いましたが、楽しく過ごせました。

市原さんのいい按配の質問とやりとりが心地よいトークでした。放送されるのが楽しみです。

 まだチェックしていない方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

この番組は宗派を超えて様々なお坊さんのお話を聞く番組で、どのお坊さんも仏教の素晴らしさを伝えたいという思いでお話しされていますよ。毎週第二・第四日曜日に更新予定だそうです。あなたの近くのお坊さんのところにもいっちゃんが行くかもしれません。

 

萬行寺日曜学校 絵本の読み聞かせ

日曜は日曜学校(子ども会)9名の子どもたちが来てくれました。

現在、萬行寺がある時津町は長崎の中でも人口推移がおおよそ横這いの地域。

 いわゆる長崎市のベッドタウン化した地域です。そのためお寺の近所にある小学校は1学年3から4クラス程度の近年ではマンモス校です。現在長崎は過疎とも言われ、周辺の地域では過疎が深刻な問題となっていますが、そんな中でもここ時津町は児童が多い地域です。だからといって日曜学校が安泰とはけっして言えません。

 そんな中に9人の子ども(うち3人はお寺の子)がお寺に足を運んでくれるのはありがたい限りです。

 とにかく親の理解なくしては子どもがお寺の境内に足を踏み入れることさえ難しいのですから。

かつてのように黙っていてもお寺に人が集まるということはこの時代ありえませんね。

ということで、今日は夏にもお願いした絵本クラブの皆さまに「絵本読み聞かせ」をお願いしました。

 絵本には子どもの感性を育てる力があります。現代のように聞けば、すぐ答えを導き出すことのできるものに囲まれた時代にあって、絵本は限りなくアナログ。

そのアナログ感が大事だと思います。

 それは「想像する余地」という豊かさです。

そこに絵本の魅力の一つではないかと思います。

 読み聞かせの後は折り紙でいろんなものを作って遊びました。ちょっとした工夫で様々なものに変わる折り紙は面白いものです。

 

 お寺は子どもが子どもそのもので居られる「ほっとする空間」であって欲しいと願います。

素直な反応がうれしい読み聞かせでした。

 特別なことはしないくともお寺に集まってくる子どもたちの居場所になることが大事だと思います。

 時には誰も来ない日曜もありますが、それでもいつ来てもいい場所です。

萬行寺真宗婦人会一日研修

11月26日に壮年会の研修がありましたが、今日は真宗婦人会の一日研修です。

真宗婦人会は壮年会よりも歴史も古く、会員数も多い分、研修も大所帯です。今年は昨年より少ない参加数ですが、それでも総勢で53名。バスは2台を貸し切っての1日旅行です。来年はお寺で聞法会などの研修を行う予定となっています。

この一日研修旅行は2年に一回行っており。かつては泊まりがけで行ったこともありました。

 

 さて今回お邪魔しましたお寺は長崎教区第3組、川棚にある福淨寺さまにお世話になりました。

 

実は福淨寺さんと萬行寺は開基が兄弟で、家紋も同じ『平戸梶』。平戸の城主と同じだと聞いています。福淨寺開基のお墓は萬行寺に現在あります。

<萬行寺の歴史について>

萬行寺のHPでは第三の世の了閑(りょうかん)が福淨寺の開基と伝わっています。その了閑は福淨寺を建立後、時津に移り住みます。

 当時、萬行寺は現在地より少し離れたところに実兄である道夢が小さな庵を建て布教にあたっていました。弟の道夢は引退後、順知に庵を譲ります。その後、兄である了閑が三代目を継職したとしています。

実は当時、庵だった道場を現在地の「六屋敷」に移設し、西本願寺(当時はお西でした)より本尊を下付され『亀水山萬行寺』としたのは了閑の業績で、本当は実質上の開基にあたります。しかしながら、その前の道場の時代より現在地に移設するまでにおおよそ40年ほどかかっていることを考えるとその歴史も重要だと考えて開基を道夢と萬行寺ではされています。

以前には萬行寺と福淨寺の壮年会が互いに行き交って交流会を持ったこともありました。福淨寺さまには明治より続く壮年会があり、婦人会も盛んだと聞いています。また福淨寺の仏青(仏教青年会)や日曜学校(子ども会)も全国でも早い頃に結成され、現在も続いていると聞いています。

今回は萬行寺真宗婦人会の研修でお邪魔しました。

 

全員で集合写真をパシャリ!

 

福淨寺さまを出ると波佐見町へ移動して昼食です。その後は「浜陶」さんにて波佐見焼を見学。お土産をそれぞれ買って帰路につきました。

 

 

 

萬行寺壮年白道会一日研修

毎年11月に行っている1日研修ですが、今年は大村茅瀬の西教寺さまを16名で訪問しました。ここ西教寺はキリシタン大名でも有名な大村純忠の終焉地のすぐ隣にあるお寺です。
現在、田中ご住職は長崎教区の副議長も務められ、教区においても重責を担っておられます。

 

40分ほどお話をいただきました。

西教寺における在家報恩講の近況や取り組んでいる教化活動などに触れ、宗教生活の基本である手を合わせる日常生活が希有になっている現代社会の現状をあげられました。

そこから今日の多様化した時代にあためて念仏申すことがいよいよ求められる時代なのだと語られました。

ただ、若者に念仏申すことの意義を伝えることの困難さもあります。

なかなか忙しくてお寺に通う心の余裕の持てない現代人にどのようにしたら仏法が伝わっていくのでしょうか。自分たち(お寺に集う壮年)の姿を翻ってみてみるとどうでしょうか。初めは何で「足かせ」だったお寺通いが、次第に自分の居場所になってきませんでしたか?

 

 

みんなで記念撮影。

 

立派な庭を見せていただきながらお茶をご馳走になりました。

西教寺さまを出たあとは諫早に移動して夕食とお酒。いっぱいいただきながら談笑して帰路につきました。

 

この研修会は毎年恒例となっていますが、随分といろんなお寺にお邪魔させていただきながら、それぞれのお寺の様子もわかってみなさん楽しいひとときのようです。

前回に比べて人数は多くなりました。たくさん集まるからいいとは言えませんが、参加者が多いと気持ちも違いますね。

今回もいい研修でした。

秋の永代経法要

初日   23日 日中・・・仏説無量寿経

2日目 24日 日中・・・仏説観無量寿経

3日目 25日 日中・・・仏説阿弥陀経

 

日中10:00〜12:00

逮夜19:30〜21:00


※毎月25日の法然上人・蓮如上人のご命日に行われている「おとなの寺子屋講座」は今法要のためお休みいたしました。来月は「報恩講」について皆さんと学んでいきたいと思います。

 

今回のご講師は服部忍氏(西海市西海町大多和 浄音寺住職)です。
釈尊誕生の伝説として有名な言葉『天上天下唯我独尊』を取り上げてお話しされきました。

この言葉は花まつりでもよく取りあげられる有名な言葉と説話です。

現代を生きる私達が忘れている「尊い」ということを端的に言い表しています。この言葉は様々な教典にいろんな形で表現されています。仏教にとって大事なテーマの一つです。

初日に読誦読された「仏説無量寿経」では我、この世において無常尊となるべしと表現されています。

言葉の使われ方が違う分、多少のニュアンスは違ってきますがどれも同じことを言わんとしています。

 

<法話メモ>

人間の一生を貫いているものがお経。子どもが生まれたらお寺へいって、お経いただき(初参式)をします。そして家族が命終えていくときにもそこにはお経がある。私たちの人生の節目ふしめには必ずお経がある。お経とはその悲喜交々の人生の中で真の依り処を与えてくれる。

『経』という字の成り立ちを見てもそのようになっています。

 

ものを取りに部屋に入って
何を取りに来たのか忘れて
戻ることがある
戻る途中で
ハタと思い出すことがあるが
その時はすばらしい
身体が先に
この世に出てしまったのである
その用事が何であったか
いつの日か
思い当たる時のある人は幸福である
思い出せぬまま
僕はすごすごあの世へ戻る

杉山平一という方の詩だそうです。人間だれもが、この世に意識して生まれてきた人はありません。いつの間にか気づいた時に、この世に投げ出されたように人間として生まれていたのです。

何の予備知識もないまま生まれ、果たしてここに来た用事はなんであるのか。そして何のために人間に生まれてきたのか。

それが分からないまま、一生を終えてしまうのがわたくしたちではないでしょうか。

忘れたことを思い出すように、気づいた人は、すばらしいことです。

しかし、私たちの多くはそれに気づかず、何かもやもやとした人生をおくっていくのです。

<ノート覚書>

仏陀の精神が血肉になる。

 

桃栗三年、柿八年。人は一生を尽くして何になる。

 

仏法にお育てをいただく。

独尊=その人に付加価値をつけない。

   基準を満たす必要がない。

永代供養と『永代経』 間違われやすい仏教語1

<『永代経』は『永代供養』ではありません>

 以前、お参り先で「永代経法要をお寺で行いますので、どうぞ皆さんお参りください」と案内状を一人ひとりに手渡したところ、「あ、萬行寺さんでも永代供養をやっているんですね」という返答をいただいたことがありました。

その方は「永代経法要」を「永代供養法要」といったように受け取めているようでした。

そこでわたしが「この案内状にもありますように、今回の法要は「永代経」といって、いわゆる永代供養のための法要ではないんですよ」といった趣旨のお話しますと、その方はよく分からないような顔をされました。

 また法要にお参りに来られた御門徒さんが「お寺へ永代経を納めたら先祖供養はしなくてもいいんでしょう?」と尋ねられたこともありましたし、あるいは「納骨堂がほしいのですが永代供養ありますか」などの問い合わせも時々あります。

そのような混同があることはわたしも承知しています。

永代供養についての問い合わせ内容は百人百様で、一つとして同じということはないほど様々です。

しかし根本的に永代供養と永代経は内容がまったく異なるものなのです

 

<仏様の教えを伝えていくための法要>

 仏教は「未来の人たちへの教え」と言われます。仏教の歴史に刻まれた祖師方は、未来の私たちが仏様の教えに出会って人生を成就してほしいと願っているのです。

つまり浄土真宗の独特の仏事である『永代経』とは、仏さまの教えが未来の先祖にまで末永く読み継がれていくために行う法要のことを言います。あるいは仏さまの教えを大切にいただくための法要と言ってもいいかもしれません。
 つまり、永代経をしたとしても死者の追善供養を寺院が代わりにしてくれるというわけではありません。
 浄土真宗では追善供養は行わないとよく言われることです。真宗における仏事の基本は、亡くなっていかれた方々やご先祖をご縁にして(その方をきっかけに)お経をいただく生者ための仏事です。そういったことから先に亡くなっていかれた方々をご縁とする機会が多いことから、混同されやすい真宗独特の仏教語です。

長崎教区第1組 別院報恩講団体参拝 in東本願寺佐世保別院

朝からマイクロバスに乗って佐世保別院に出発です。

別院は佐世保市の中心(島瀬町)にあり、アクセスもよく便利です。現在は周囲をビルに囲まれてしまって本堂が見えにくくなっていますが、明治に建立された当時は眺めが良かっただろうと思います。

この度の門徒会館の改修工事でマイクロバス程度ならば軽々と境内まで乗り入れることができるようになりました。これも嬉しいことです。

本堂は満員御礼。満堂の参詣者でうまっていました。お勤めも報恩講とあって緊張感が伝わってきます。

 

この日からご法話は青木玲氏(九州大谷短期大学准教授)です。

長崎教区 こども御遠忌in佐世保別院

 お寺の新年度は6月締めの7月はじまります。

いよいよ来年度から九州教区長崎組(きゅうしゅうきょうく ながさきそ)として新たなスタートをきることになります。そのことを受け、長崎教区のこれまでの歩みと九州教区長崎組としての再スタートを願い、集大成として「こども御遠忌」を行うことが現教区内にて決定し、11月3日に東本願寺佐世保別院を会場に長崎教区のこども御遠忌をお勤めしました。総勢で70名近くのご門徒方が参詣されました。

 「しんらんさまの御遠忌」親鸞さまってどんな人? と題し、コンセプトとして「子孫と参る御遠忌法要」としました。

「御遠忌」とは、50年に一回の勝縁といわれ、今回は宗祖親鸞聖人の750回目の御仏事をご縁とした集です。主に小学校のこどもを引率してくださる祖父母や親子でもお参りしていただくよう企画しました。

総勢で100名を超える参詣者で賑わいました。

 

秋の永代経法要をお勤めします。

秋の永代経法要をお勤めする時節となりました。

この度の法要は阿弥陀如来の教え、浄土の教えが説かれたお経『浄土三部経』が読まれます。
浄土三部経とは、

『仏説無量寿経/上下巻』

『仏説観無量寿経』

『仏説阿弥陀経』

以上の4巻のお経からなり、阿弥陀仏の本願が説かれた経典です。

このお経を浄土教の祖師たちより大切に読み継がれてきました。

======== 

 ところで、浄土真宗では信者(南無阿弥陀仏とお念仏する人たち)を『檀家』とは呼ばず『門徒』と呼び習わされています。

 その「門徒」とは、お寺とそこに所属する信者が「布施をする人」と「布施を預かる人」といった寺檀関係(檀家)でつながるのではありません。

 どこまでも如来の教えを聞いていく仲間という意味があります。

 その念仏道場に集う門徒に釈尊の直説である浄土三部経が説かれるのです。そしてそのみ教えをいただいてはじめて「ああ、大切なことだ」とうなずくのでしょう。そこに真宗(真実の宗教)が興ってくるのでしょう。

 これが真宗寺院を支えてきた大きな原動力なのです。そういったことから教えを聞く者を門徒と昔から言われています。

 教えを聞くも、聞かぬも、念仏するもしないもすべて習慣です。せっかく人間に生まれたのだから、まことの人に成って欲しいと願っておられる如来のご慈悲を聴聞いたしましょう。

お寺でお待ちしております。