ジャータカ物語/月のうさぎ

ジャータカ物語

月のうさぎ

釈迦さまがこの世に兎として生をうけたときのお話です。

 ウサギは鹿野苑という美しい森でサル・ヤマイヌ・カワウソの三匹と平和に暮らしていました。ウサギはいつも正しい生活をしていました。

それどころか、もっと正しい生き方をしたいといつも考えていました。

 ウサギはこのような強い願いをもちながら、森の仲間たちにも一緒に正しい生活をするようすすめていました。

 

真実の道を求めながら苦しみ悩んでいる人々を救う人を「菩薩」と呼びます。このウサギもまた菩薩でした。

 

毎日夕暮れになると三匹の仲間は心から敬愛する兎のもとに集まり、ウサギの話に耳を傾けることを楽しみにしていました。

「道を求めて修行している人のために施しをしよう。そして一日の生活をふりかえり、至らなかったことを反省しよう。」

ウサギからいつも語り聞かされていたこの言葉は、生きた力となって三匹の心を力強くささえていました。

 

あしたは満月、森では「ウポーサタ」が開かれます。これは正しい生活をするために良いことと悪いことを学び、自分の行いを反省しあう集まりのことです。そこで兎は「あしたは修行僧が托鉢にこられたら、僕たちの食べ物のなかから施しをしよう。」

三匹は良い行いをする楽しみを知っていましたから、もちろんそろって快い返事をしました。

 

よいよウポーサタの日の朝です。

三匹はエサをさがしに出かけました。ウサギは自分の食べ物であるダッパ草をながめながらひとりごとを言い出しました。

「ボクはこのダッパ草のほかには持ちあわせがない。何をさしあげたら良いだろうか・・・・・そうだ!」

ウサギは心の中で尊い考えをおこし、それを心に誓いました。

その瞬間、天上の世界で不思議な変化がおきました。それは地上の世界で大変めずらしいことがおこったしるしでした。

そこで天の神である帝釈天はウサギの決心が間違いないものであることを試すため、みすぼらしいバラモン僧の姿をして森へやってきました。

バラモン僧となった帝釈天は四匹が住んでいるすぐ近くの木の下に行き、飢えと暑さで弱りきった体を休めようと腰を下ろしました。それを見つけた四匹は大喜びで僧を迎え、かねてから用意していた施し物をもってきました。カワウソは赤魚、ヤマイヌは肉と牛乳、サルはマンゴーと清水を僧にささげました。

こうして三匹から施しをけた僧は、それを料理しようとたき火を始めました。

するとウサギはうれしそうに僧の前に出てうやうやしくおじぎをして言いました。

「お坊さま、私は何ももっていません。しかしあなたのような尊いお方に私のもっているただ一つのもので供養できますことは、この上なく嬉しいことです。どうか私の心からの施しをお受けください。」こう言い終わりとウサギは枯れ木やこの葉をあつめ火をつけました。火はぼうぼうと燃え、あたりを赤々とそめました。その燃えあがるた焚き火をしばらく見ていたウサギは身を躍らせてその中に飛びこん見ました。すると不思議なことに、その炎は兎の毛一すじをも焦がさずに、ちょうど金の雲のように兎の身体をつつみました。

ウサギの誠の心にこころ打たれたバラモン僧は、輝かしい帝釈天の姿を現し、まばゆいばかりの両手にウサギを抱きあげました。

「このウサギは私をもてなすため自らの身を捧げた。このような尊い行いはあらゆる世界に知らせなくてはならない。」

それで今でも帝釈天がえがいた兎のすがたが月の面にあらわれ、お釈迦さまの慈悲の心を月の光として私たちに説くようになったのです。

ほら、月をよくごごらん。ウサギの姿が見えるだろう。

 

雑感 この心のモヤモヤはなんだろう

<ニンゲンに成るということ>

 日曜学校を毎週していると色んなことや感じることがよくあります。最近、私の子どもの頃とは、取り巻く生活環境などが大きく変化しました。それらが子どもたちの成長にどのような影響を及ぼすのかなということを考えています。

 少なくともいつの時代にあっても、若い時代の感受性豊かな頃に感動したことや感じたことがその子の人生のベースになっていくことはよく言われることです。これは間違いのないことでしょう。それだけに少年期や幼児期の心の問題は大変大事な問題があるのだなということをあらためて感じています。

 私は以前より、日曜学校に来る子どもの中に「何か求めているものがあるな」ということを感じることがあります。

萬行寺日曜学校は毎週日曜日の9時から始まりますが、集まってきた子たちに特別な何かをしている訳ではありません。毎週必ず正信偈のお勤めをして仏様のお話を出来るだけするようにしています。その後はそれぞれお昼まで遊んで帰る。ただこれだけのことですが、それでも子どもたちは毎週やってきます。やって来る子の中には、自分は毎週行きたいけれど、塾や習い事があるのでたまに来る子もいました。もちろん日曜学校は出入り自由。いつ来てもいつ帰ってもいいのです。ただ一つだけルールがあって最初に来た時に仏様に手を合わてお念仏することだけを忘れなければOKです。

 そうして毎週やって来る子ども達に触れてみると、それぞれの心の中にあるモヤモヤとしたものを感じているようすが分かります。ある意味で、それは人間に成っていくための大切なプロセスとして健全で大切なものですが、それだけにモヤモヤしたものを一つの縁として出遇うべきものに出会って欲しいものだと思います。それがお寺というものの役割なのですから。

 

<仏伝に学ぶこと>

 あらためて考えてみると、いまさらながら恥ずかしい事なのですが、その心のモヤモヤは釈尊の少年時代や青年期の様々なエピソードの中に大切なヒントがあるのだと昨今気づきました。例えば有名な「四門出遊(しもんしゅつゆう)」の物語は、若き釈尊が「老病死」という苦に出遇って人間の事実を見るというストーリーですが、この物語が伝えるもう一つの側面は、青少年時代には皆このような人生の根本問題が次々と押し寄せて来て、誰もがモヤモヤとする時代であるということを伝えています。そのモヤモヤを一定の解決をみないまま大人になるのか、あるいは解決は出来ないものですが、その時点の答えをもって大人になっていく、その二つの差は雲泥の差があるのではないかと思うのです。今日そのようなことを問える場を持っているか、いないかは大きな違いです。

 

<何かを求めている>

 随分前のことですが、あるご家庭に祥月命日のお参りに伺った時のことです。その家庭は必ず年に一回、家族全員が揃って祥月命日をお勤めをするたいへん熱心な御門徒の一家です。ある時、そこの家のお孫さんがその日の命日が習い事の日に当たっているというので、ご両親は祥月の命日よりも習い事の方を優先させました。そのお孫さんが出かける前に「今日はお勤めの方にでたいから、習い事に行きたくない」と言っているのを押し切って習い事にご両親は行かせていました。わたしは折角日曜学校に縁もあったので「この子は何か求めているものがあるな」と感じていましたし、こんなご縁を頂くことが他の家庭では滅多にない事だけに、大変残念だと感じました。

 このような出来事は平時よくある事ですが、そのことを一概に批判はしてはいけません。その時のお孫さんのご両親の選択としては、ベストの選択だと感じられたのだと思います。

 今日の「子どもたちは忙しい」というようなことを我々大人はよく言いますが、そのお孫さんのご両親もたいへん教育熱心で、たくさんの習い事をされているようでした。

 これはなかなか難しい選択です。私としては「仏法を聴聞する事は人生にとってとても大事です」と声を大にして言いたい。しかし、それは大事だと頷いてはじめてわかる事。仏法に頷けるご縁が整うまでには随分と時間とタイミングが必要なのです。逆に頷けるようになってみれば、世間の雑事よりもっと大切なことがら、本当に尊いことがあるとわかるようになります。

 仏法で「世の雑事」と言われていることの多くは、今日であれば「世渡り術」であることが多いように感じます。確かに塾に行ったり習い事をする中にもたいへん有意義で大事なことが沢山あります。しかし、子どもたちの心の問題に対して仏法は習い事のような即効性はありませんが、一人の人間を長い目で見ると、「ほんとうの人間なる」という意味においてはたいへん重要なことであるとおもいます。つまり仏教でよくいわれる「本当のニンゲンに成る」と表現される事柄は、その時のその子のこころの問題であるだけに見過ごされがちなのです。ある意味で成長の過程、人生の経験としてそれら(ほんとうの人間になる道)をどこで担保されるのかということを考えると、現代社会では少々不安をおぼえます。今日の時代、宗教教育がなされるのはお寺をおいて、まず他にはありません。

 

<自分の少年時代を考えてみた>

 人はなぜ死ぬのか、死に往く身でありながら、なぜ生きるのか。これが仏陀釈尊の青少年時代の問いであったと伝えられています。ほんとうに深い問いです。そのような事に応えうる教えに若い頃に出遇えるか否かは、その後の人間形成に大きな影響を及ぼすのではないかと感じます。自分の少年時代を考えると、日曜学校で釈尊の物語を聞いて、いたく感動した日のことを今でも鮮明に覚えています。

それは「農耕祭の逸話」といわれる物語で、生と殺の矛盾を綴ったものです。

 

 農夫が牛を鞭うって田を鋤いていきました。虫たちは地上に放り出され、急いで土の中にもぐりこもうとしますが、それを見ていた小鳥がさっと飛んできて虫をついばんでいきました。あっと思って見ていたら、今度は鷹が飛んできて、その小鳥を捕まえたのです。その様子に、少年釈尊は、「あわれ生き物は、互いに食みあう」と悲しんで、閻浮樹の下でひとり寂かに瞑想した。

 

という話です。この青年時代のエピソードは農夫→牛→虫→小鳥→鷹という、いわば食物連鎖ですが、この「互いに食みあう」といういのちの事実が抱えている根源的な矛盾、つまり自分が生き延びるためには他を殺さずにはおれないという「生・殺」の問題をどう捉えていいのかわからず悶々としていた頃の私のこころに釈尊の問いが見事にマッチした瞬間でした。「その気持ちわかる!自分と同じ悩みだ!」という共感の喜びによって仏法がずっと身近になり、とても安心したことを覚えています。

出来うるならば、そのように日曜学校にやってくる子たちも受け取ってくれれば本望だと思います。

 

<再び、何かを求めている>

 これまで語ったことは日曜学校にくる子どもたち全てがそうであるわけではありませんが、毎週来ることを考えると、少なくとも何か感じるていることがあるのだと思います。わたしは大人よりも子どもの方が本当のことが通じると思っています。できるだけ本当の話をしようとこころがけています。大人の場合は話に何らかのオブラートや比喩がなければ伝わりにくいのですが、子どもの場合はそのような周りくどい表現はいらず、むしろストレートに本当のことを本当のまま語ることが子どもには伝わるのだと思っています。そういうことですから、「子どもだから」という容赦はかえっていらない。わたしは法蔵菩薩の物語を語るようにしていますが、大人は蘊蓄が多く話すのが難しいのですが、子どもの方が飲み込みが早いしずっと話しやすいと感じます。余計な解説や説明よりも、物語そのだけで子どもには十分伝わります。それは子どもが大袈な表現ですが、

 

「人心の至奥より出づる至盛の要求」(清沢 満之)

 

といった大人が忘れたものを問うているようにわたしは感じます。(了)

 

 

 

 

 

 

ピカピカの一年生  新入学児お祝い式

 つの頃からでしょうか、現在の本堂が再建されて今年で40年になりますから、およそ今年あたりで40周年になるかもしれません。

 この新入学児のお祝い式は萬行寺真宗婦人会によって長年続けられてきた春の行事です。

 今年も8名の一年生が参加されました。また、一年生の保護者の中には「自分もこうしてお祝いしていただいた」ということを語ってくださる方がやはりおいでです。

 現代はお寺とのご縁も、かつての時代とは違って社会形態や家族形態が変わったこともあり、少しずつ遠のきつつある時代になってきました。しかし、それでもこうして集まってきてくださる方があるはとても嬉しいことです。

 今回参加された子どもたちがお寺でお祝いをしてもらったことをどこまで覚えていてくれるかは全くわかりませんが、これがなんらかのご縁になっているとおもいます。日曜学校のお姉さんお兄さんも一緒にみんなで正信偈のお勤めをしました。
 

花まつり 萬行寺日曜学校

第3回萬行寺日曜学校の花まつりを行いました。

 今回も様々な方々に関わっていただき、去年よりもパワーアップして行うように手はずも段取りも子どもたちに渡すプレゼントも揃えていましたが、自粛ムードが高まりつつあることもあり、今年はかろうじてできる程度に規模を縮小して日曜学校の子どもたちと自由の森保育園の子どもたちのみで行いました。

 いつもならば大人と子どもをあわせると総勢100名を超える人たちが集まって賑々しく行われる「日曜学校花まつり」ですが、今回ばかりはどうも仕方がありません。それでも子どもたちは元気に境内を走り回って楽しそうでした。来年は予定通り行われることを念じます。
 

 毎年同じ話をしていますが、子どもたちの反応は様々。

毎年お話を聞いている子もいます。

これがどれほどの影響力があるのかはありません。もちろん影響力を考えてお話ししている訳ではありませんが、やっぱり気になります。

 

 せめて4月は花まつりでお釈迦様の誕生日がある日だというくらいは覚えてくれたらいいと思います。

 

しかし、考えてみると釈尊誕生の伝記はよく出来ているなと感心しています。

わたしならば、年前の何月何日の何時に〇〇病院で何gで生まれた。状態は健康で云々・・・と生まれた時の状況を生まれた時の様子として語ることはありますが、その生まれてきた人に縁ある人々がどのように一人の人間が誕生してくることを受け止め、世界が一人のニンゲンの誕生をどう喜んだかということが大変なスケールで語られています。この世界観は現代人にはなく、むしろ荒唐無稽でよくわからなもので片付けられてしまうかもしれません。

 

仏説無量寿経の表現では

右脇より生じて現じて七歩を行ず。光明顕曜にして普く十方無量の仏土を照らしたまう。六種に震動す。声を挙げて自ら称う。「吾当に世において無上尊となるべし」と

となっています。これだけをみても何と想像力をかき立てられる豊かな表現。

「右の脇から生まれて七歩き、天上天下唯我独尊」と言われたというのが、一番有名な伝記です。これを聞いただけで多くの人は「ん?、それってどういう意味なんだろう」と必ず考えます。

これだけでも、あり得ない表現の向こうにいろんな仕掛けがある。それだけにとても印象的です。何と豊かな表現だと感心させられます。

 

 

 

 

ムナシクユキテ、ミチテカエル

来たるものあり、そして帰るものあり。

人生の道はまさに「往還」です。

「帰すべき場所のない者は孤独である」(無処帰孤独)、そして「それに伴う者のない者もまた孤独である」(無同伴)と源信僧都が云われています。

「帰るべき場所があって、迎えてくれる場所と人がある。そのことに目覚めた人はどのような人生であっても引き受けて生きてゆけるのだ」とお説教などでよく云われます。
 

 この度、萬行寺の法務員を長年勤めていただいた此松さんがご家族と自坊に帰ることになり、最後の挨拶にこられました。

此松さんはあしかけ13年にわたって萬行寺の教化を担っていただきました。

初めは身一つで萬行寺にきて家族を伴って帰って行かれました。

自坊の臺寺(大分県宇佐市)では若院として活躍されることだろうと思います。長い間、お世話になりました。そしてこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

おたずねごと

萬行寺ブログ「つれづれ日誌」をご覧いただきありがとうございます。

さて、当ブログをご覧の方にお尋ねがあります。

毎年、報恩講のお志であがった餅を御華束として荘厳しています。その餅に大量のカビが発生し、どうしたものかと思案しております。

実際、どこのお寺でもそうではないかと思いますが、報恩講はとにかく沢山の餅を荘厳として使用します。

その餅の使い道、あるいはカビの生えない方法など、各寺院様で様々な工夫がなされているのではないかと思います。

工夫をしているようなことがありましたら、下のコメントのところから書き込んでくださるとたすかります。

 

春季彼岸会についてのお知らせ

 令和2(2020)年3月の予定の春彼岸について

 

謹啓 初春の候、御門徒の皆様におかれましては益々ご清祥のことと拝察いたします。平素より萬行寺護持興隆にご尽力いただき御礼申し上げます。

さて、3月17日(火)から21日(土)までの5日間にわたって例年のごとく「春季彼岸会」を厳修の為、案内状を作成し各準備を進めて参りました。しかし、連日報道されております「新型コロナウイルス感染拡大」に伴う今日の状況を鑑み、まことに残念ではありますが春彼岸会を中止すべきという結論に至りました。

尚、法要期間中のお勤めは萬行寺内一同でお勤めいたしますので、御門徒のみなさまにおかれましては自宅お内仏にて各自お彼岸会をお勤めくださいますよう、よろしくお願いいたします。               合掌

YouTube 「お寺でじぃーん」配信!!

 

YouTube配信の番組、「お寺でじぃーん」にて44 『迷惑』のお題でお話しをさせていただきました。いろんな宗派のお坊さんのお話を見ることができます。どうぞよかったらご覧ください。

シェアもよろしくお願いします。

忙しい

「忙しい」とは、「心を亡くす」と書く。生きていても心がそこに無ければ結局、「光陰矢の如し」。生きた実感のないまま虚しくいのち終わるだけである。

人生一生
酒一升
あるかと思えばもう空か

この世に私はいる。
しかし、その用事がなんであったのか
思い起こす事のできる場を賜った人の一生は幸福である。

「仏法に出遇って虚しく終わる人生を超えて往け」と仏は願っている。その声が聞こえない我々のことを悲しんで、仏は「凡夫よ」と呼びかけてくだっている。 (釈大攝)

報恩講終了後(翌朝) お浚い 2020年1月29日

 じつは報恩講はこれで終わりではありません。といっても昨日で一応終了したのですが、萬行寺では翌朝の晨朝を「お浚い」としてお勤めしています。

この「お浚い」とは、報恩講の全日程と片付けが終わり次第、平常の荘厳に戻されて勤められます。

通常、お勤めは六首を1組として勤めますが、報恩講の結願だけは「如来大悲の恩徳は」までの三首で感動的に終わることになっています。そのあとの半分は「お浚い」として別に勤めます。ここに面白い仕掛けがあるのです。

一週間のお勤めですから、終わったあとの爽快感と達成感は格別です。しかし、次の三首からは「仏智疑惑和讃」といわれている如来の智慧を疑う罪の重いことを知らせる和讃がしばらく続きます。その一首目が『不了仏智のしるしには』です。”如来よりたまわりたる信心”を自分の手柄にするような我々の心を言い当てているかのような和讃です。そのような仏智の不思議を疑う者は疑城胎宮にとどまり、三宝を敬うことなく罪福をいのる行者だと言い切られています。すごい言いようですが、まさにしかり。究極のところは罪福信をたよりにして自分の欲望を満足させることしかできないと言うことでなのです。

この和讃の順番はいつも「よくできているな」とおもいます。その中でも特にお浚いの和讃はよくできているなと感心させられます。

まるで「これで報恩講が終わったと思うな。それは大きな勘違いだぞ」と戒められているようです。「自分はちゃんと修行したんだ」という充実感が、いつでも驕慢心(自らを誇るこころ)に変わるぞ。という戒めのような和讃です。これをもって本当の意味で報恩講が終了になり、これから来年の報恩講へ向けての準備がまたはじまります。

<お浚いの和讃>

不了仏智のしるしには  如来の諸智を疑惑して  罪福信じ善本の     たのめば辺地にとまるなり

 

仏智の不思議を疑いて  自力の称念このむゆえ  辺地懈慢にとどまりて  仏恩報ずるこころなし

 

罪福信ずる行者は    仏智不思議を疑いて   疑城胎宮にとどまれば  三宝にはなれたてまつる