作上がり法要のごあんない

  • 2018.06.23 Saturday
  • 20:45

夏のつどい「作上がり法要」をお勤めします。

 

たとえ朝咲いて
夜散る花であっても
その中には無限のいのちがある

              金子大榮

 盛夏の砌、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年もお寺の蓮華が華麗に咲きました。蓮華は仏に象徴としてしばしば語られます。

  花、散りて次のいのちの花咲かす。

 すなわち、次のいのちの華を咲かすたらきが「いのち」であることを仏教えてくださいます。

 一方、私達の方はどうであるかというと、「自分が死ねばいのちは終わる」と刹那的に考え、生と死を分断して考えているように思えます。

だからこそ仏はそのような人間の心闇を破って、真実なるまことのいのち。無量の寿(いのち)に目覚めせるのです。

どうぞお孫さんやご家族など、次世代の念仏者と共に法要に参詣くださるよう、ご案内いたします。

 

おとなの寺子屋講座4

  • 2018.06.17 Sunday
  • 23:39

第4回

〜道徳と仏教〜
倫理や道徳は人の道として大切だといわれます。では仏教は道徳をどのように受け止めているのでしょうか。または道徳が高められると宗教になるのでしょうか、第4回目は道徳と仏教について学びます。

 

おとなの修学旅行 真宗本廟と仏教の歴史探訪

  • 2018.06.17 Sunday
  • 23:30

6月12日から14日まで2泊3日のスケジュールで

『おとなの修学旅行「真宗本廟と仏教の歴史探訪の旅」』

に行ってまいりました。

 

今回は奈良と京都の名拙を訪ね、仏教の歴史を探訪しました。

まずは真宗本廟へ。

心配された天気もさほどの心配はなく一安心。この梅雨時はとにかく雨が心配の種でしたが、心配もよそにいい天気でした。


真宗本廟への団体参拝は久しぶりです。初めての3名を除いては少人数精鋭でベテラン揃いの団体参拝です。

今回は同朋会館が工事中のため宿泊は「となみ詰所」にて。その他の諸々の研修は研修道場にて行われました。

また、お風呂と食事は新しくできた和敬堂でした。お風呂も食堂も研修道場もリニューアル。綺麗になっていました。同朋会館は7月からオープンだそうです。

さっそく道場へ。入場は正面玄関の御影堂門より入ります。

しかし、いつ来てもただただ「デカい」そんな印象ばかりです。

修復された両堂は初めてです。

 

まずは御影堂をバックに一枚。

 

親鸞聖人の御廟所 大谷祖廟でパチリ。
親鸞聖人の誕生地。 日野の法界寺でハイ!

平等院
10円玉でお馴染みの宇治の平等院鳳凰堂。こちらも13年ぶりぐらいに来ましたが、修復されて綺麗になっていました。
鳳凰堂をバックにカシャ!
おとなの修学旅行の最後の地は仏教の始まりを訪ね、親鸞聖人が和国の教主と仰がれた聖徳太子ゆかりのお寺、世界遺産の斑鳩寺(法隆寺)でパシャリ!
慌ただしく過ぎたようでもありましたが、実に楽しい旅でした。

永代経法要が始まります。

  • 2018.05.13 Sunday
  • 10:49

17日(木)から 永代経法要が始まります。

 

ご門徒のみなさまへ

 

 前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え。連続無窮にして、願わくは休止せざらんと欲す。無辺の生死海を尽くさんがためのゆえなり。    道綽禅師のことば

 

 ずいぶんと暖かくなってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月の17日から三日間にわたって永代経法要が厳修されます。永代経法要は浄土真宗のみ教について説かれた『浄土三部経』 が読誦される肝要の法要です。

 

 お経には、浄土こそ真実をあきらかにした教えであるといただいて生きた先達から、未来を生きる人々へメッセージが込められています。いったいお経にはどんなメッセージが書かれているのでしょうか。
この度の法要は「お経のこころ」を訪ねる私たち真宗門徒にとって大事な法要です。
どうぞ万障繰り合わせて参詣下さいますようご案内いたします。

 

●お寺の参詣はどなたが何回されても自由です。案内状が届いていない方でもお参りできます。案内状が届いている方は有縁の方を誘ってお参り下さい。

 

●ご自分の家の先祖の有無や分家であるなしに関わらず、どなたでもお参りは自由です。

 

お参りには肩衣/念珠/お勤めの本を持参ください。

 

 

 

     日      日中         逮夜    おつとめ   法話
17日(木) 10:00〜12:00 仏説無量寿経   住職
19:30〜21:00 正信偈・和讃 浮辺泰祐師
18日(金) 10:00〜12:00 仏説観無量寿経   〃
19:30〜21:00 正信偈・和讃   〃
19日(土) 10:00〜12:00 仏説阿弥陀経   〃

親鸞聖人御誕生会の一日

  • 2018.04.01 Sunday
  • 08:33

子どもの行事が続きます。

朝からは新しく一年生になる子どもたちのお祝い会。

数えると今年で39年目の新入学児お祝い式。さすがに39年目ともなると一つの歴史ですね。
子どもの頃、お祝いしていただいた子どもたちがお母さんお父さんになって息子や娘を連れ、お祝いしたお母さんや父さんたちがお孫さんを連れてお祝い式に参加くださるようになりました。
新入学児のお祝い式は現在の本堂が昭和54年に再建され、その記念事業の一つとして萬行寺真宗婦人会によって始められました。時代は変わっても、子どもたちの姿は変わらないものですね。

 

夕方は「おとなの花まつり」。

おとなは花より団子です。

花にかけてお花見と花まつり。花まつりというより酒祭りといった感じもしないでもありませんが、一応花をメインにお花見と花まつりです。

今年から親鸞聖人の誕生会として花見をすることになりました。

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM