ジャータカ物語/金色の鹿

金色の鹿

 お釈迦さまがこの世に鹿として生を受けたときのおはなしです。
 山々に囲まれた静かな森の奥にたくさんの鹿が平和にくらしていました。その中に一頭だけ、とても美しく、金色にかがやくりっぱな鹿がいました。
 この鹿は「苦しむ者を一人残らずたすけたい」という尊い願いを持っていたので、森の生き物たちはこの鹿を王さまとしてうやまっていました。
 ある日のこと。森のはずれの川のなかほどで一人の男がおぼているのを鹿は見つけました。川は大雨で水かさが増し、流れが激しくなっています。しかし、鹿は男を助けるためとっさに川に飛び込みました。
「何と急な流れだ。これでは私もおぼれてしまう。でも、なんとかして助けなければ。」鹿は一生懸命に泳ぎ、やっとの思いで岸にたどりつきました。
鹿の美しい体は、傷だらけでしたが男を救ったという喜びで心は満たされていました。
 男は鹿のその勇気と美しさに深く感動し、何度も頭をさげました。
「あなたはいのちの恩人です。どうして恩返ししたらいいのでしょう。」
「私はおぼれている人を見すごせなかっただけです。べつにお礼などいりません。しかし、一つだけたのみがあります。」
「どうぞ、なんなりとおっしゃってください。」
「この森には、いままで人間が入ったことがなく平和にくらして来ました。ですから森をまもるため、町の人々にわたしを見たなどと話さないでほしいのです。私はこのような姿なので、いのちを狙われやすいのです。人々は自分の欲のために友さえも裏切るものです。しかし、それでは人は幸福にはならない。このことをよく覚えていてください。」
「はい、よくわかりました。決してだれにも話しません。」そう約束した男は町に帰って行きました。
 ところがあるとき、その国のお妃が金色の鹿の夢を見て、その鹿を欲しがりました。そこで国王は、「金色の鹿のことを知っている者にほうびを与える」というおふれを出しました。それをきいて男は鹿との約束をなんども思い出しましたが、貧しさにまけ、とうとうその約束をやぶることにしました。
 男から金色の鹿のことを知った国王は、軍隊をつれて、森に鹿狩りに出ました。森は暗く深く、じっと人間をみています。すると行く手にボーッと白い光が見えてきました。男は声をひそめ「王さま、あれが金色の鹿です!」と指さしました。男は約束を思い出し、手がふるえました。国王は思わずハッとして馬をとめました。あまりにも鹿が美しかったのです。鹿は凛々しい姿で国王をむかえていました。そして気がつくと、森の生き物は人間のみにくさにおどろき、逃げていくではありませんか。
ふしぎに思った国王は、男をみました。すると、なんということでしょう。鹿を指さしていた男の手がくさって地に落ち、苦しそうにうめいていたのです。国王はこのただならぬできごとに、武器を捨てておそるおそる鹿の方へ行きました。
すると、鹿は言いました。
「なぜそうなったか彼にたずねてごらんなさい。」
男はこれまでのことを国王に話しました。
「おまえは何と恩知らずな男なのだ。命の恩人を裏切るとは。何よりも罪深いことだ。反省するがよい。」
国王は鹿の前に進み出ていいました。
「何も知らずあなたを捕らえようとしました。どうぞお許しください。」と深く頭をさげました。
やがて鹿は静かに語りはじめました。
「王よ、あなたも親であるなら、わかるはずです。子どもはどの子もかわいいものです。中でも体の弱い子、おろかな子ほど愛おしく感じます。なぜなら、そういう子どもは誰よりも悲しみや苦しみが多いのです。それと同じように、私はこの男が自分のした罪の深さがわかっていながら、わたしを裏切った。それが気の毒でならないのです。」
 慈悲深い鹿の言葉をきき、国王は冠をとり、鹿にむかって両手を合わせました。
 さて、町へ戻った国王は『みだりに生きもののいのちを取ることを禁ず。すべての生きものに慈悲と歓喜を与えよ』というおふれを国中に出しました。国王はその後もたびたび森に行き、鹿の教えを受け慈悲深い政治を行ったので、国は永く平和に栄えたということです。
                             <ルル鹿本生物語>

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL