大谷派機関誌『真宗』<今月のお寺>レポート

長崎教区 真光寺



長崎県西海市大瀬戸町雪浦下郷一二一七番地

           住職 武宮 勲

日本の西の果て長崎。
東シナ海を眺めながら国道を走ると、ゆったりとした町並みのなかに大谷派のお寺が点在しています。
この辺りは長崎教区の第二組。遠藤周作の小説『沈黙』の舞台にもなりました。

 この地域は外海(そとめ)と呼ばれ、ほとんどの家が大谷派の門徒です。
江戸時代以前の大村藩。当時の領主、大村純忠はキリシタン大名とよばれ、キリスト教を信仰する大名でした。純忠は寺を焼き払い、コレジオ(教会)をつくるという政策を行い、長崎は東洋一のキリスト教伝導の一大拠点になりました。
その時代、長崎では仏教徒をキリスト教に改宗させ、ほとんどの寺と仏像が焼かれたという記述が残っています。
江戸時代に入り、大村藩は幕府の命令を受け日蓮宗に改宗。その後、キリシタン取り締まりのため長崎に日蓮宗と真宗の寺院が次々に建てられました。明治時代になってようやくキリシタン弾圧が終わった頃、次々に瓦屋根の教会郡が建てられました。この教会群は日本でも古く、全国的にも珍しい教会郡で、今では長崎観光の目玉にもなっています。

 そういった歴史のなかで、ここ外海では真宗の教えが護られてきました。とくに雪浦にある真光寺はそのなかでも独特で、真宗の教えが生活に深く根づいています。
 真光寺の境内には天保年期に第十代住職、勲能(くんのう)が開いた学寮がありました。勲能は碩学の僧として近隣に名高く、遠くは広島・四国からも遊学の僧や向学の士が訪れ、勲能の教えを請うたという記録が残されています。
そして、そこで学んだ学僧がお説教の実践のため、両度のご命日で本堂に集まった門徒に法話をしてきました。それが終戦後まで続いたということです。
そういった伝統と土徳もあってなのでしょうか「全国的に勢いがなくなっている傾向のなかで、この十五年ぐらい前から在家報恩講を行う地域数もお寺の参詣も増え続けています。以前はきまった同行が必ずお参りしていました。最近ではそれに加え、現役の総代・前総代・講頭・婦人会・推進員のほとんどがお参りするようになり、それぞれが周りの人たちを誘いあってお寺にくるんです」と武宮勲住職。
これまで在家報恩講をやっていなかったところも、「自分たちもやろう」ということで盛んになってきました。町には「おくんち」というお祭りもありますが、最近ではお祭りよりも報恩講の方が盛んになってきました。どの地区も参詣人が多く、会館や各家を道場とし、そこに入りきれないほどの人が集まるそうです。
「報恩講前日から地域の子どもから大人までが集まり、餅つきから・仏華・お斎まで一日かかって準備します。なんでも自分たちでやるんです。」とのこと。
どこの荘厳の立派さを競い合いながら盛り上がってるようです。
「門徒さんは、お寺のことによく協力してくれます。なによりも喜んでやってくださるんですよ。町の人もみんな門徒ですから、学校のクラブ活動も日曜学校が終わってからするようになっていますし、自治会も総代や講頭と相談してお寺の行事に参加するよう呼びかけてくれるんです。」
「報恩講では雅楽・仏華・お華束も、私が何も言わなくても門徒さんたちでやってくださりますし、声明方は女性や高校生もきています。」

「衰退するから諦めるのではなく、むしろ、任せるべきところは門徒さんにまかせて一緒にやればいいんです。きっと皆さん喜んでやってくれますよ」と、住職は語られました。

(長崎教区通信員 亀井 攝)


コメント

8月に久しぶりに墓参りを兼ねて息子とお邪魔しました。
この雪浦は本当に良い所だと改めて感じました。
真光寺の佇まいも心の休まるお寺ですね。
寺の孫として55年ですが、若い頃は先祖とかお経や念仏などほとんど興味がもてませんでしたが歳を重ねてくると不思議に自然に感じます。
食べ物(特に魚)も美味しいし、自然も美しい。またお邪魔したいです。

  • 武宮紳一郎
  • 2014/09/03 23:51
トラックバック
この記事のトラックバックURL