長崎教区 秋安居(しゅあんご)

この一年の教区での大きな行事、安居が終了しました。
去年が長崎市の長崎教務所であったので、今回の依所は佐世保別院で行うことになりました。
長崎の安居は泊まり込みで3日間あります。
もちろん、それぞれが各寺の法務や留守番があったりするので、全員というわけにはいきませんが、全50ヵ寺のうち7割ほどのお寺のお坊さんが集まります。
初めて顔を合わせる人や、安居のときにしか顔を合わせない人も中にはいます。
 



講師、延塚知道師の講義も今講で一応一区切り。
さすがに三年目ということもあってか、これまでで一番の熱気を感じました。
めったに泊まり込んでまで勉強をする機会がないので、この秋安居は楽しみです。
質問も飛び交いとても有意義なすてきな講義だったとおもいます。

講題『「浄土論註」と「教行信証」』とし、計六講義で菩薩の十地と煩悩の話から、往還二回向の話に及びました。

 この長崎教区の安居は明治の後半に『夏季講習』という勉強会としてはじまりました。当時の講師は清沢満之の門下生、浩々洞のメンバーが講師にきていたそうです。それから戦後にはいって秋安居と名前を変え、大谷派の安居とは違った独自のスタイルで行ってきたようです。講師にはその当時の重鎮と言われる人たちが来られていたようです。
金子大栄・曽我量深・暁烏敏・安田理深などなどの諸師が何年か交代で入れ替わりながら長崎までお話にきていたといわれています。いまや長崎教区の伝統となっています。

安田先生は、「曽我さんから言われました。君は長崎に行ってください。あそこは全員が威儀をただして墨袈裟を着て講義を聞きにきます。」と言われてきたんです。ということを言っていたそうです。




この時期になると、各寺の住職・若院・役僧・坊守がそれぞれ万障繰り合わせて三日間の安居で膝を突き合わせ、勉強にお酒(?)に、修行に励みます。




台所では朝・昼・晩の三食婦人会の方に作っていただきました。ありがとうございました。

荘厳の華とお華足も門徒の方につくっていただきました。ありがとうございます。

HPトップにもどる
コメント

長崎の安居の話は噂には聞いていましたが、とても珍しい安居ですね。皆さんの意気込みを感じます。

  • みや
  • 2008/06/19 16:32
トラックバック
この記事のトラックバックURL