御流罪の地をたずねて =長崎教区児童教化連盟in居多ヶ浜==

長崎教区の児童教化連盟の研修旅行で新潟に行って来ました!
総勢40人の大人数です。

子どもたちを親鸞聖人の御刑地に連れて行こうという企画を立てて2年越しの旅行だそうです。

<初日>
まずは初日は朝8:00に長崎空港に集合。

飛行機に乗ってひとまず東京へ






そこからバスで目指すは新潟、妙高高原。




 子どもたちの元気さに圧倒されながら、この日は暗くなる前に東本願寺青少年センターに到着。





初めてみる自分の背丈より高く積もった雪に興奮気味のようで、ついたら荷物を置くより先に雪合戦開始。この日はお夕事を済ませ、食事をし次の日に具えます。
それにしても、明日からの天気が心配。

ー2日目ー

<朝>
あいにくの雨。
本降りに近い降り方です。
お朝事と朝ご飯をたべて、さっそくスキーウエアに着替えて妙高のスキー場に行きました。
ほとんどの人が初めてのスキーです。

雪質は「全然良くない」ということですが、これだけ雪が積もっているのを見るのが初めての子どもたちのはには関係なかったようです。



さすがに子どもたちはおぼえが早い、最初は転んでいましたが、午後にはスイスイとゲレンデを滑って降りていきました。



<夜>
明日の御旧跡巡りはウォークラリー形式で旧跡を回ります。ということでチーム分けを前日に分けました。




−3日目ー



今日はこの旅の一番の目的、親鸞聖人の御流罪の地居多ヶ浜付近の旧跡を巡ります。
この日は天気がよく、快晴。
歩くと徐々に汗ばむほどの熱さ。
昨日とうってかわっての気温差。




HPトップに戻る
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL