彼岸会 in東本願寺長崎教会

だんだん春らしくなって来ました。
今日の長崎はずいぶん暖かかった。
しかし、まだまだ油断できません。

ということで9日・10日と筑後町にある長崎教会の彼岸会に行って来ました。
長崎教会といっても、キリスト教の教会ではありません。
正式には東本願寺長崎教会といいます。その敷地内に長崎教務所があり、長崎教区ではこの教務所と佐世保別院とで中心的な役割を担っています。

長崎教会の建物は以前、NHK長崎放送局の上にある26聖人処刑の地のモニュメントがある場所にありました。
それが原爆投下後GHQの方針により、現在の場所に移りました。
その後、その場所に原爆でなくなった身元の解らない人々のお骨が沢山運ばれてきました。
それ以来、毎月9日と8月9日は原爆法要、原爆定例として勤まってきました。
参詣者の高齢化や原爆の記憶の風化、非核非戦の碑や定例の知名度の低さ、高齢者にはキツい何段もの階段を上る立地の悪さなどもあってでしょうか、わたしも彼岸会には初めて参詣しましたが、人はまばらです。それでも毎月お参りに行くと、足しげく通い聞法している門徒の姿に頭が下がります。


9日は毎月、原爆定例として、『非核非戦法要』が行われていています。
今回の彼岸会の講師は雪の浦・真光寺住職 武宮勲師でした。
仏説無量寿経の中にある『嘆仏偈』の文(真宗聖典p13)

 假令身止 諸苦毒中 我行精進 忍終不悔

たとい、身をもろもろの苦毒の中に止るとも、
我が行、精進にして 忍びて終に悔いじ。


を引用してお話しされました。

    >>萬行寺 春期彼岸会のあんない
  >>萬行寺HPに戻る
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL