仏華講習会 in西光寺

年に一回の長崎教区仏華講習会です。
去年の依所は萬行寺でしたが、今年は第1組、福田の西光寺で行われました。

今回は各家庭のお内仏の華をいけました。
お寺の仏華は花瓶(かひん)が大きく、特殊なものですが、各家庭で自分でも出来る仏華のたて方はそれぞれの仏壇の大きさに合わせて工夫をすることが必要だと思います。



大谷派の仏華は池坊の立華を基本としています。
立華の場合はそれぞれの枝ぶりの出どころを見せるもののようですが、仏華の場合は見えないように立てるようです。
水際の立ち上がりの具合もすっきりしていて、奥行きがり、バランスまとまった仏華でした。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL