今月のなあに 「打敷ってなあに?」

打敷ってなあに

 打敷(うちしき)とは、お内仏の前卓(まえじょく=各尊前の机)や上卓(うわじょく=阿弥陀如来前の須弥壇上にある机)等にお掛けする、金襴や刺繍などでできた三角形状の上掛けのことをいいます。
この打敷は、常時お掛けするものではなく、春秋の彼岸会や、報恩講、降誕会などのご法要がお勤まるときにお掛けすることが本来です。 法要の時など特に丁寧におつとめすべき法会にお掛けします。その法要の軽重によって打敷の種類を替えることもあります。
また夏用の「紗」や「呂」などの薄手のものや、冬用の厚手の生地のものもあり、それぞれ季節に合わせて衣替えするのも良いでしょう。

 打敷の起源は、辞典によると、お釈迦さまご在世の時代まで遡ります。その様子を記した教典によれば、「種々の天の妙服衣をもってその座上に敷く」や「無量の宝を以て、周匝細飾(しゅそうさいじき)し天の妙衣を以てその上に敷く」などと説かれ、お釈迦さまが説法される高座を珍宝や妙衣で荘厳したと説かれています。これが打敷の起源であろうともいわれています。
また、『仏説無量寿経 巻下』の『東方偈』には


一切のもろもろの菩薩、おのおの天の妙華・宝香・無価(むげ)の衣を齎(も)つて、無量覚を供養したてまつる。

とあり、十方微塵世界の無量の菩薩衆が阿弥陀如来のみもとへ往覲(おうごん)し、その極楽世界の微妙にして不可思議尊の荘厳を観て、自分たちの国土もこのようにありたいと願阿弥陀仏の国土を称讃されます。
そして、これらの菩薩衆は阿弥陀如来を麗しい香華や尊衣をもって供養するのです。ここに、「無価(むげ)の衣」つまり「何物にも代えがたい尊い衣」とあります。
 これらの表現は釈尊ご在世の時代、人々の布施行により頂戴された布を縫い合わせて袈裟が作られましたが、それらの尊い布施が「無価の衣」ということではないでしょうか。
お釈迦さまのみもとをお飾りしてお迎えしたいと願った仏弟子達の思いが形として現れたものと言えるでしょう。

 

<お内仏の荘厳>
 平時には木でできたロウソク(木蝋)を挿し、輪灯に火を灯します。ただし、輪灯が今日のように電気の場合はロウソクに火を灯します。
下写真のように向かって左に花瓶(かひん)・中央に香炉・右側に鶴亀燭台をおきます。ただし、平常時は三角の布(打敷/うちしき)はしません
中陰の場合には、色のついた打敷ではなく白や無垢の無地のものをもって荘厳します。

 

コメント

御門徒の家庭にお参りにまいりますと、必ず立派な座布団が用意してあり、その上に座るよう勧められます。打敷は今日風に言うならば、その立派な座布団も打敷の一つであるとは言えないでしょうか。
法事において経を読むお坊さんは、釈尊の代役であると言われます。ですからその座を立派な敷物で迎えるという意味においては同じであるといえるでしょう。

  • 大攝
  • 2020/08/31 21:41

なるほど、そうれは頷ける話ですね。法事は特別な場ですから、平常時とは違った荘厳で迎えることは大事だと感じています。
 そこに座るお坊さんには立派な座布団を進めますが、肝心の法を解く仏様には荘厳がないのならば、これは本末転倒と言えますね。

これらのことを考えていたら「同行同侶の目をはじて、冥慮をおそれず。ただ、冥見をおそろしく存ずべきことなり。」蓮如上人御一代記聞書という一節を思い出しました。

  • ゆーよ
  • 2020/08/31 21:49