日曜学校 子どものつどい「ボチボチいこか」

 ようやく日曜学校が軌道に乗りつつあります。

今日は10名のこどもたちがやってきてお昼ごろまで楽しく遊んで帰っていきました。

 それまでの何年かは、お寺の3人娘と5人でのお勤めの日々が続きましたが、ここのところ2〜3年はボチボチ子どもたちが集まってくるようになりました。

 ただ多く集まればいいというものではないので、その辺りが大変難しいところです。

 今回は初めて日曜学校に来てくれた子もいて、初日から正信偈を全く違和感なく上手にお勤めができました。

日頃から家庭でお勤めをしている子たちで、すぐに溶け込んで仲良くなっていました。

 人間って何かしらの共有感って大事ですね。

お互い知らないどうしでも、共有できる何かがあれば、特に子どもの場合はすぐに仲良しになります。

話に前提条件が要らないのが何よりも安心感があるのでしょうかね。

お話は毎週ごとに親鸞聖人の御生涯を少しづつお話しています。それが終わったら何をお話しするかな。

コメント