ムナシクユキテ、ミチテカエル

来たるものあり、そして帰るものあり。

人生の道はまさに「往還」です。

「帰すべき場所のない者は孤独である」(無処帰孤独)、そして「それに伴う者のない者もまた孤独である」(無同伴)と源信僧都が云われています。

「帰るべき場所があって、迎えてくれる場所と人がある。そのことに目覚めた人はどのような人生であっても引き受けて生きてゆけるのだ」とお説教などでよく云われます。
 

 この度、萬行寺の法務員を長年勤めていただいた此松さんがご家族と自坊に帰ることになり、最後の挨拶にこられました。

此松さんはあしかけ13年にわたって萬行寺の教化を担っていただきました。

初めは身一つで萬行寺にきて家族を伴って帰って行かれました。

自坊の臺寺(大分県宇佐市)では若院として活躍されることだろうと思います。長い間、お世話になりました。そしてこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

コメント