報恩講準備 5日目

 

報恩講タイトル
報恩講のお知らせ 掲示板の文

恩講準備の中では1番の山場の1日。この一年の一大イベント「餅つき」です。この日からいよいよ御華束(おけそく)が立ちます。 そのため今日は約60名ほどの御門徒が一斉に集まって餅つきをします。

<工程 

まずは朝早くから餅を蒸すための釜に薪を入れお湯を沸かし、昨日から磨いでおいた餅米を蒸します。約4斗近くの餅米を蒸しますので、午前中いっぱいかかります。

=======================================

 昔は杵と臼で突いていましたが、この頃では機械で付くようになり、昔ほど人手がいらなくなりました。もちろん作業も少人数化して機械の導入によって捗るようにはなりました。しかし、手数が減った分だけお寺で何があっているのかわからない人も同時に徐々にではありますが増えています。

お寺の仏具磨きや仏華などもそうですがお寺ではおおよそのことがアナログ作業です。人によっては効率化を言われる方もありますが、それでもアナログ的な部分は必ず必要なのです。

機械化すれば作業効率も完成度もあがりますが、はたして合理化は私たちの生活を豊かにしてきたのだろうかといえばそうではないようにも思います。そうして徐々にではありますがお寺に足を運ばなくなる傾向が強くなるのではないかと考えています。そのような意味においてはアナログ的な部分はしっかり確保しつつ、適材適所に合理化を図ることは大事ではないかと考えています。特にお寺というところは人と人が出遇う場所でもあります。もちろん人を通して仏に出遇う場所がお寺の本質なのですが、合理化に流されて大切なことを失っている現代社会にはかえってお寺がそのことを大事にしているということは大きな意味を持つように思います。

 

<工程

蒸された餅米を機械でついていきます。二台の餅つき機がフル活動。

一年に一回の稼働なので時々トラブルがおこることもありますが、今年はなんとか最後までお仕事できました。しかし、手でついていた頃のことを考えると大変だったんだろうなと思います。

 

 

 

 

<工程

ついた餅を今度は棒で平らにのばしていきます。この時に均一に同じ幅でのばしておかなければ御華束を組む時に餅の数が足りなくなったり、変形の原因になったりします。そこの人、責任重大ですよ!

======================

この道具たちは家具職人の御門徒さんが日本一の「御華束を作るぞ!」と一年発起し、仲間を連れて本山まで研修に行ったりして、御華束作りを学ばれました。

 それからあちらこちらのお寺の御華束を報恩講の終了後に借りてきて解体して研究した末に編み出された道具たちです。

この道具たちのおかげで今日でもシステマチックな御華束作りができる有難い道具たちです。こうみえてもかなり合理的なんです。

 

 

 

工程ぁ笋里个靴震澆鮨由だ鐔僂念譴聴譴弔り抜いていきます。その数は約5700個です。

この方式は餅の余りが多く、ムダも多く出るところがデメリットなのですが、一個一個の餅の大きさや厚さを均等に保つためにはこの方法が今のところ一番良い方法のようです。

出来るだけくり抜く時にムダの少ないように上手にくり抜いてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

手製のくりぬき機。随所にいろんな工夫があります。庫裏のお内仏と本堂に御華束

が荘厳されますので、それぞれ大きさが違うのでくり抜き機も大きさが違います。

 

 

 

 

 

 

 

工程

R5315322.JPGくり抜いた後は机に並べて乾燥させ、餅についた粉を一個づつたわしで軽く擦って落としていきます。

この作業が単純作業なのですが時間と人手がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工程

互い違いに竹串に刺していく。

もちつき4

 

 御華束は餅で作りますので、乾ききってしまうと加工ができなくなります。ですから乾いてしまう前に串に刺してしまわなければいけません。

今年は例年より暖かい冬ですので餅の固まる速度がいつもより遅くなりそうです。早く組みすぎると重ねた餅の重さで潰れてしまうなど、変形をおこしてしまいますので。

その都度、餅の乾き具合を見ながらの作業です。ベテランの陣頭指揮がものを言いますね。

 

下の写真はお内仏用の餅をくり抜いたものを串に刺して並べたものです。

 

 

 

もちつき3 本来、報恩講の御華束は須弥盛御華束(しゅみもりけそく)といわれています。トウモロコシをイメージしたらわかりやすいと思いますが、餅が真っ直ぐ串刺にされ綺麗にならんだものなのですが、萬行寺では昔より杉盛華束で組まれています。その理由は綺麗だからということのようなのですが・・・・。

 

 

 

 

 

コメント

いつもブログ、拝見しております。「ももまん」と申します。
初めての投稿です。
御華束というのは初めて聞きましたが餅のお供えでしょうか?
ずいぶん昔にお世話になっていた近所のお寺の報恩講にはお参りしたことがありましたが、そのときもあったのでしょうね。
あまり見たことないものなのでその餅飾りがどんなものか想像ができませんが、次回更新の完成写真で見れるのではと思って楽しみにしています。

  • ももまん
  • 2020/01/20 23:03

貴院のブログ、よく書かれているなと思いながらいつも拝見しております。
せっかくお寺の情報としては良い記事が載っていますので、そこで一つ不躾だとは思いながらお願いがあるのですが、所々専門用語が出てきます。
そこのところがいまいちわかりません。できれば素人の私でもわかりやすい注釈をつけていただければありがたいと思います。
勝手な書き込みで申し訳ありませんが、今後のお寺参りの参考になると思って拝見しておりますので、以上の点ご検討お願いいたします。

  • イエローマン
  • 2020/01/20 23:10