ジャータカ物語/月のうさぎ

ジャータカ物語

月のうさぎ

釈迦さまがこの世に兎として生をうけたときのお話です。

 ウサギは鹿野苑という美しい森でサル・ヤマイヌ・カワウソの三匹と平和に暮らしていました。ウサギはいつも正しい生活をしていました。

それどころか、もっと正しい生き方をしたいといつも考えていました。

 ウサギはこのような強い願いをもちながら、森の仲間たちにも一緒に正しい生活をするようすすめていました。

 

真実の道を求めながら苦しみ悩んでいる人々を救う人を「菩薩」と呼びます。このウサギもまた菩薩でした。

 

毎日夕暮れになると三匹の仲間は心から敬愛する兎のもとに集まり、ウサギの話に耳を傾けることを楽しみにしていました。

「道を求めて修行している人のために施しをしよう。そして一日の生活をふりかえり、至らなかったことを反省しよう。」

ウサギからいつも語り聞かされていたこの言葉は、生きた力となって三匹の心を力強くささえていました。

 

あしたは満月、森では「ウポーサタ」が開かれます。これは正しい生活をするために良いことと悪いことを学び、自分の行いを反省しあう集まりのことです。そこで兎は「あしたは修行僧が托鉢にこられたら、僕たちの食べ物のなかから施しをしよう。」

三匹は良い行いをする楽しみを知っていましたから、もちろんそろって快い返事をしました。

 

よいよウポーサタの日の朝です。

三匹はエサをさがしに出かけました。ウサギは自分の食べ物であるダッパ草をながめながらひとりごとを言い出しました。

「ボクはこのダッパ草のほかには持ちあわせがない。何をさしあげたら良いだろうか・・・・・そうだ!」

ウサギは心の中で尊い考えをおこし、それを心に誓いました。

その瞬間、天上の世界で不思議な変化がおきました。それは地上の世界で大変めずらしいことがおこったしるしでした。

そこで天の神である帝釈天はウサギの決心が間違いないものであることを試すため、みすぼらしいバラモン僧の姿をして森へやってきました。

バラモン僧となった帝釈天は四匹が住んでいるすぐ近くの木の下に行き、飢えと暑さで弱りきった体を休めようと腰を下ろしました。それを見つけた四匹は大喜びで僧を迎え、かねてから用意していた施し物をもってきました。カワウソは赤魚、ヤマイヌは肉と牛乳、サルはマンゴーと清水を僧にささげました。

こうして三匹から施しをけた僧は、それを料理しようとたき火を始めました。

するとウサギはうれしそうに僧の前に出てうやうやしくおじぎをして言いました。

「お坊さま、私は何ももっていません。しかしあなたのような尊いお方に私のもっているただ一つのもので供養できますことは、この上なく嬉しいことです。どうか私の心からの施しをお受けください。」こう言い終わりとウサギは枯れ木やこの葉をあつめ火をつけました。火はぼうぼうと燃え、あたりを赤々とそめました。その燃えあがるた焚き火をしばらく見ていたウサギは身を躍らせてその中に飛びこん見ました。すると不思議なことに、その炎は兎の毛一すじをも焦がさずに、ちょうど金の雲のように兎の身体をつつみました。

ウサギの誠の心にこころ打たれたバラモン僧は、輝かしい帝釈天の姿を現し、まばゆいばかりの両手にウサギを抱きあげました。

「このウサギは私をもてなすため自らの身を捧げた。このような尊い行いはあらゆる世界に知らせなくてはならない。」

それで今でも帝釈天がえがいた兎のすがたが月の面にあらわれ、お釈迦さまの慈悲の心を月の光として私たちに説くようになったのです。

ほら、月をよくごごらん。ウサギの姿が見えるだろう。

 

コメント