秋の永代経法要

初日   23日 日中・・・仏説無量寿経

2日目 24日 日中・・・仏説観無量寿経

3日目 25日 日中・・・仏説阿弥陀経

 

日中10:00〜12:00

逮夜19:30〜21:00


※毎月25日の法然上人・蓮如上人のご命日に行われている「おとなの寺子屋講座」は今法要のためお休みいたしました。来月は「報恩講」について皆さんと学んでいきたいと思います。

 

今回のご講師は服部忍氏(西海市西海町大多和 浄音寺住職)です。
釈尊誕生の伝説として有名な言葉『天上天下唯我独尊』を取り上げてお話しされきました。

この言葉は花まつりでもよく取りあげられる有名な言葉と説話です。

現代を生きる私達が忘れている「尊い」ということを端的に言い表しています。この言葉は様々な教典にいろんな形で表現されています。仏教にとって大事なテーマの一つです。

初日に読誦読された「仏説無量寿経」では我、この世において無常尊となるべしと表現されています。

言葉の使われ方が違う分、多少のニュアンスは違ってきますがどれも同じことを言わんとしています。

 

<法話メモ>

人間の一生を貫いているものがお経。子どもが生まれたらお寺へいって、お経いただき(初参式)をします。そして家族が命終えていくときにもそこにはお経がある。私たちの人生の節目ふしめには必ずお経がある。お経とはその悲喜交々の人生の中で真の依り処を与えてくれる。

『経』という字の成り立ちを見てもそのようになっています。

 

ものを取りに部屋に入って
何を取りに来たのか忘れて
戻ることがある
戻る途中で
ハタと思い出すことがあるが
その時はすばらしい
身体が先に
この世に出てしまったのである
その用事が何であったか
いつの日か
思い当たる時のある人は幸福である
思い出せぬまま
僕はすごすごあの世へ戻る

杉山平一という方の詩だそうです。人間だれもが、この世に意識して生まれてきた人はありません。いつの間にか気づいた時に、この世に投げ出されたように人間として生まれていたのです。

何の予備知識もないまま生まれ、果たしてここに来た用事はなんであるのか。そして何のために人間に生まれてきたのか。

それが分からないまま、一生を終えてしまうのがわたくしたちではないでしょうか。

忘れたことを思い出すように、気づいた人は、すばらしいことです。

しかし、私たちの多くはそれに気づかず、何かもやもやとした人生をおくっていくのです。

<ノート覚書>

仏陀の精神が血肉になる。

 

桃栗三年、柿八年。人は一生を尽くして何になる。

 

仏法にお育てをいただく。

独尊=その人に付加価値をつけない。

   基準を満たす必要がない。

コメント