萬行寺壮年白道会一日研修

毎年11月に行っている1日研修ですが、今年は大村茅瀬の西教寺さまを16名で訪問しました。ここ西教寺はキリシタン大名でも有名な大村純忠の終焉地のすぐ隣にあるお寺です。
現在、田中ご住職は長崎教区の副議長も務められ、教区においても重責を担っておられます。

 

40分ほどお話をいただきました。

西教寺における在家報恩講の近況や取り組んでいる教化活動などに触れ、宗教生活の基本である手を合わせる日常生活が希有になっている現代社会の現状をあげられました。

そこから今日の多様化した時代にあためて念仏申すことがいよいよ求められる時代なのだと語られました。

ただ、若者に念仏申すことの意義を伝えることの困難さもあります。

なかなか忙しくてお寺に通う心の余裕の持てない現代人にどのようにしたら仏法が伝わっていくのでしょうか。自分たち(お寺に集う壮年)の姿を翻ってみてみるとどうでしょうか。初めは何で「足かせ」だったお寺通いが、次第に自分の居場所になってきませんでしたか?

 

 

みんなで記念撮影。

 

立派な庭を見せていただきながらお茶をご馳走になりました。

西教寺さまを出たあとは諫早に移動して夕食とお酒。いっぱいいただきながら談笑して帰路につきました。

 

この研修会は毎年恒例となっていますが、随分といろんなお寺にお邪魔させていただきながら、それぞれのお寺の様子もわかってみなさん楽しいひとときのようです。

前回に比べて人数は多くなりました。たくさん集まるからいいとは言えませんが、参加者が多いと気持ちも違いますね。

今回もいい研修でした。

コメント