第5回 長崎寺スクールin正林寺(三重町)

長崎には仏教青年会(略称:仏青/ぶっせい)があります。

教区としての仏青の歴史は古く、現在90代から80代の御門徒の中に”私は仏青上がりです”と自称する方も時々あるほどです。どうやら古くから「仏青」という生前で活動してきたようです。

そもそもの名前の由来はYMCA(キリスト教青年会 Young Men's Christian Association)に習って(対抗して?)「仏教青年会」と名告ったと聞いたことがあります。その後、戦後に入り原爆などの影響も大きかったともいわれていますが、当時の青年たちの間で仏教への関心が高まったと聞いています。

 それが敗戦の10年ごろより原子爆弾死没者の追徴法要を長崎教区の仏青が中心となって主催したことが火種となって、全国各地で仏教青年会が結成されるようになったと聞いています。

 

 そのような歴史の中で、「長崎寺スクール」では仏教に馴染みの薄くなった若者世代に向けた集まりです。その時代にあった教化のあり方を現在、模索中です。

まだまだ実験段階のようですが、

今回で5回目の「長崎寺スクール」は長崎市三重町にある正林寺を会場に行われました。

各回ともにテーマを設けて行なっていて、今回は「音楽と仏教と香」。雅楽や節談説法なども交えながら仏教と音楽の深い関係も紹介されました。今回はさらスペシャルゲストに「いっちゃん」こと市原鰐さんをお迎えして大いに盛り上がりました。

仏青スタッフの皆さんお疲れ様でした。

 

第5回寺スクール1インターネットで放送中の『お寺でじいん』を生で再現!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然相和会の雅楽も披露されました。

初めて聴かれた方もあるとおもいます。「雅楽」と聞くと神社を思い浮かべる人もあるのではないかと思います。しかし、シルクロードを越えて日本に伝来した立派な仏教音楽です。

浄土の情景を表現する楽器として遥かシルクロードを越えて西行路ではヨーロッパ、極東は海を越えて日本にまで伝わった古典楽器です。
『笙(しょう)』は邦楽器では唯一和音を奏でる楽器です。その形が羽を休めている鳳凰に似ていることから、鳳笙とも呼ばれているそうです。まるでオルガンのようなやわらかい音を出し、雅楽の独特な雰囲気を醸し出すなくてはならない楽器。西行路に渡った笙はパイプオルガンの祖先とも言われています。
『龍笛(りゅうてき)』竹製で7つまたは6つの孔がある横笛。ヨーロッパに渡ったものはオーボエ等の木管楽器へと変化していったとも言われているそうです。取り扱いは簡単ですが、しっかり安定した音色を奏でられるようになるまでには少々時間がかかります。

『篳篥(ひちりき)』漆を塗った竹の縦笛で三管の中では一番小さい楽器。表側に7つ、裏側に2つの穴があり、主旋律を奏することが多く、小さいわりには音量は大きい。音域は1オクターブ程度。

 

第5回寺スクール3西光寺の指方伊織さんの節談説法も披露されました。

日本仏教の布教手段として発展した節付きの説法で浄土真宗固有の説法スタイルです。仏教に馴染みのない聴衆に伝わりやすくするために、話す文句(説教)に抑揚が付き(多くは七五調)人びとの情念に訴えかけるように工夫されたものです。現代の法話とは違い楽器なしの素語り形式で行われます。

このようにことばに抑揚をつけて行う説教は6世紀の仏教伝来以来、平安時代や鎌倉時代にも行われていたと言われています。浪曲や、講談や落語などの先祖ともいわれているそうです。

 昭和期には、説法師が真宗の寺々を旅をしながら浄土真宗の教えを説いて回ったと言われています。

大谷派では真宗同朋会運動が盛んに成るにしたがって、しだいに衰退していきましたが昨今注目され、見直されているようです。


第5回寺スクール2今回の参加者とスタッフの皆さんです。楽しいひと時でした。

たいへんおつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

残念ながら今回はどうしても外せない仕事で失礼しました。次回は何時ごろ開催の予定でしょうか?
せっかくのお誘いなので、できるだけ出席したいのですが。
土日が仕事なので、なかなか難しいかなと思います。

  • M・K
  • 2019/11/09 01:11