長崎教区 秋安居(しゅあんご)

http://img-cdn.jg.jugem.jp/a78/2168197/20110814_2144228.jpg日から3日間にわたって長崎教区2018年度の秋安居(しゅあんご)が行われます。(7月から新年度のため、2018年度です。)
長崎教区の秋安居は70年以上昔、西坂(現在の長崎駅前にある26聖人殉教の地)に長崎教務所があった時代に『夏期講習会』として始まったのに由来するそうです。

になると、教区内の住職や若院。あるいは法務員が柳行李を担ぎ、暁烏敏、金子大榮、曽我量深などの浩々洞(こうこうどう)の錚々たる諸師方の講義を聴聞にきていたと言われます。この伝統が受け継がれ、西坂から現在地である筑後町に教務所が移転しても相変わらず浩々洞出身の先生方が出講されていたそうです。

昭和45年には曽我量深先生が老体を押してまでおいでになられ、昭和46年に御遷化されました。その頃、長崎教区で『秋安居/しゅあんご』という名前で呼ぶようになったと言われています。

 

以前は長崎教務所で行われてきましたが、今日では東本願寺佐世保別院で毎年行われています。集まってくるのは住職だけではなく、各寺院の法務員さんや坊守さんも集まり、総勢50人以上の聴講者で本堂がいっぱいになります。現在の長崎教区は寺院数が50ヶ寺ありますので、それを考えると50人を超える出席率は多いのではないかと感じます。

来ならば、安居というのは、本山の本講の先生がおいでいただいて講義されるのですが、長崎の場合は、そういう先生方をお呼びせず、聴講したいと思う先生方においでいただいていますから、いわば純粋な安居ではないそうです。本講の先生方を呼ぼうという声もありましたが、初心を忘れず現在でも「夏期講習会」のスタイルをとっています。


つて安田先生は曽我量深先生にこういわれたのだそうです。「「安田君、あなたは、長崎に行ってみなさい。長崎の皆さんは、威儀正しく墨袈裟を掛けて正座をしているんだ。そこにあなたは行ってください」といわれてきたのだ」という話を聞きました。

 

講師:古田和弘先生。(九州大谷短期大学名誉学長)

講題:観経疏 玄義分に学ぶ

 

コメント