おとなの寺子屋講座  もしもに備えて知っておきたい仏事 中陰編

おとなの寺子屋講座 葬儀 通夜 浄土真宗 中陰 仏事 家族葬 終活 枕勤め お布施 萬行寺 葬儀社 お経 正信偈 納骨 納骨堂 永代供養 永代経 ご本尊 阿弥陀如来 親鸞聖人 蓮如上人 初七日 二七日 満中陰 百か日 浄土真宗 真宗大谷派の仏事 追善の仏事 報恩の仏事17回目の「おとなの寺子屋講座」を行いました。

今回は、もしご家族が亡くなられた場合を想定し、枕つとめから順をおって行うことや準備すること柄や心得などを解説を交えながらお話ししています。知っていて損はしない講座です。

 

今回は七日勤め(中陰)編でした。  その一節を紹介します。

 

中陰とは

))

 

  1. (2017年7月の第2回講座「迷信と正信」〜正しい仏教理解〜より抜粋)

  2. 1、インドでは輪廻転生が信じられ、人が生まれてから死ぬまで、そして新たな生に生まれ変わるまでの期間を四つに分けた『四有説』 とういうものがある。その中の次の生に生まれるまでの「 中有」 の期間が現在の日本人の七七日(四十九日まで)の仏事の由来とされている。
  3. 1、この生まれ変わるまでの期間である中有の期間のことが中国に渡り、その国の習俗である『祖霊信仰』と結びついた。そのことは『仏説地蔵発心因縁十王(十王経)』 という偽経に詳しく示されている。
  4.  当時の中国において、死者の霊魂が肉体を離れ、我々日本人が考えているような、いわゆる「あの世」のようなところに行くと考えられていた。そこで閻魔王に代表される冥界の十人の王たちによって、死者が生前につくった罪業の軽重を裁量し、その業報の結果として生まれていく生処を決めるのである。
  5. 2、その霊魂が七七日(四十九日)を経て、次の生に生まれ変わるまでの四十九日期間に行われる仏事を中陰といわれている。その時に生者の読経の声が審判官に届けば、死者の生前の罪が赦される。この追善仏事が中国に入って十三仏事となり、日本に至って三十三仏事/五十仏事へと展開して現在に至っている。そうして最終的には一つの家の先祖となると言われている。どの追善仏事もこの三十三仏事まで勤めることとなっている。真宗の門徒はこのことに迷わされないよう参考までに知っておく必要があるが、決してこのことに囚われたり、こだわってはならない。

 

コメント