報恩講6日目 大逮夜 入楽

今夜は大逮夜です。『大逮夜(おおたいや)』は最後の逮夜勤めでご命日の前日の午後におつとめします。真宗本廟では11月27日の午後のお勤めがそれです。萬行寺では1月に勤めていますので実質上、1月27日の7:30からお勤めするタイヤがそれに当たります。今日の終了時間は21:30までとなっておりますのでご留意ください。

ご法中(お勤めされるお坊さんたち)がたくさん見えられ、雅楽も入って賑々しくお勤めがあがりまります。雅楽の演奏は長崎教区の声明会、『自然相和会(じねんそうわかい)』に毎年演奏をお願いしています。これまで雅楽が入ってのお勤めは12年以上は続けてきたでしょうかまだまだ認知度が低く御門徒には浸透していません。遅々たる歩みではありますがそれでもジリジリと参詣は増えつつある傾向にあります。もっと知っていただきたいとは思います。

雅楽と聞くと、日本の宮廷音楽というイメージもあるでしょうか。何か平安貴族の優雅な感じ。あるいは神社のイメージが強いようですが、インド伝来の仏教音楽が本来です。それも浄土の壮大なイメージを再現するのに最適な音楽であったことから好んで浄土の情景を表現する音楽として古来より好まれてきたという背景があります。

昨今ではテレビを見ると、神社などの儀式やお祭りなどで耳にする機会が多いのでお寺で雅楽と聞くとイメージがわかない人が多いのも事実です。そこで「雅楽は仏教伝来の音楽ですよ」というと、私の周りでは首をかしげる人がほとんどですが「正倉院」などの宝物殿に入っている雅楽の楽器はお寺の法要のために輸入されたものですよ」ということを言うと「ああ、確かに正倉院はお寺にありますものね」と言う答えが返ってきます。

「雅楽楽器」の画像検索結果右の写真は『笙(しょう)』といい、なんとも言えない音色の楽器で、和音を可奏でることができる不思議な楽器です。雅楽の世界観を表現する中で、あまり表に出る楽器ではないですが、なくてはならない一番の立役者だと思います。

雅楽はこの笙に依るところが大きいのではないでしょうか。吹いてもは吸っても音が出て常に音を鳴らし続けることができます。現代音楽で例えるならばシンセサイザー的な役割も果たします。素材は竹でできていて火鉢などで温めながら使用します。

 

 

 

「雅楽楽器」の画像検索結果次の楽器は『龍笛(りゅうてき)』といい、西洋の楽器でいえばフルートのような楽器です。もちろん木管楽器ですので柔らかい音色です。有名なところでいえば「牛若丸」こと源義経が京都の五条の橋の上で弁慶との出会った時の物語の中で義経が吹いていたものは篠笛と言われていますが、龍笛の名手でもあるとも聞いたことがあります。また『平家物語』多く登場する笛です。この笛の手入れは他の楽器に比べると比較的に扱いやすいのが特徴のようです。

 

 

 

「雅楽楽器」の画像検索結果
最後は『篳篥(ひちりき)』。この楽器は縦笛で盧舌(ろぜつ)といういわゆる「リード」がついてる笛です。盧舌はお茶などで湿らせて使い特徴的な音で三菅の中では一番小さいですが、その割には一番大きな音が出ます。リード楽器なので一番目立つ楽器でしょうか。
大まかですが最低この三管が揃っていなければ演奏にならないようです。
そのほかには
「雅楽楽器 かっこ」の画像検索結果
『鞨鼓(かっこ)』
「雅楽楽器 しょうこ」の画像検索結果鉦鼓(しょうこ)
「雅楽楽器 しょうこ」の画像検索結果
『楽太鼓』などがあります。
今晩の御法話は老院です。
27日は親鸞聖人が御遷化される前日ということで『お通夜』と言われています。そこでおやつとして少しばかりの赤飯やお茶などを出して歌などをうたってお楽しみを行います。
コメント