報恩講 5日目

終盤に入りました。昨日が中日で大忙しでした。いよいよ明日の晩は大逮夜です。

報恩講の一番の立役者、厨房は毎日フル活動。いよいよ明日からラストスパート、怒涛の二日間に入ります。

したがって今日はそんな忙しい中でも谷間の一日。

昨晩と明日に比べると少しだけゆっくりです。

 

今回の報恩講のテーマ『聖人一流の御勧化』。親鸞聖人の一流を汲む浄土真宗とはどのような教えを説いてきたのか、その流れを汲む我々の先達はその教えをどのように受け取ってきたのかと尋ねていきたいと思います。

 

本日、日中のご法話は役僧の林田師。

 

逮夜は萬行寺衆徒(所属の僧分)の牛島師です。

 

 

 

 

コメント