報恩講3日目

3日目
<晨朝>7:00
先、総 礼
次、文類正信偈 草四句目下     六〇丁右
次、念 仏   濁三
次、和 讃(浄土 九)
 初重「尊者阿難座よりたち」   一六五丁右
 二重「大寂定にいりたまひ」   一六六丁右
 三重「彌陀成佛のこのかたは」  一六七丁右
次、廻 向   世尊我一心    一〇七丁左
次、御 文 「大阪建立」    四帖目十五通
次、総 礼

 

朝の本堂。冷たい空気の中で御拝口の戸を開けると、東から昇ってくる朝日が堂内に入り込んでご本尊を照らしだします。

<日中>10:00〜12:00
先、総 礼
次、文類正信偈 行四句目下
次、念仏讃   濁五三 
次、和 讃(浄土 十)
  初重 無碍光佛のひかりには
  二重 眞實信心うるひとは
  三重 至心發願欲生と
   念仏 五遍反
次、廻 向   願以此功徳
次、改悔文
次、総 礼
次、真宗宗歌
次、法 話 
次、恩徳讃
次、総 礼

 


<中逮夜>19:30〜
先、総 礼
次、真宗宗歌
次、正信偈   真四句目下      
次、念仏讃   濁 五 
次、和 讃(浄土 十四)
    初重「十方微塵世界の    
    二重「十方恒沙の諸佛は   
    三重「五濁悪時悪世界    
    念  仏  五遍反
次、廻 向   我説彼尊功徳事  
次、改悔文
次、総 礼
次、真宗宗歌
次、法 話
次、恩徳讃
次、総 礼

ともに法話は岡本英夫先生です。

コメント