毎月28日は親鸞聖人のご命日です。

今日は真宗婦人会の「長寿者お祝い会」も兼修。

毎年恒例の真宗婦人会の行事です。80歳になられた方のお祝い会。

まだそんな歳になった事もないので、その年の苦労はわかりません。

こんな若造に何を語れと言われるのやら・・・・・。

 

年々に

我が悲しみは深くして

いよいよ輝く

命なりけり

 

 

これは岡本太郎の母であった、岡本かの子の詩です。

なかなかいいなと思っておりまして、さすがは仏教に精通している方の歌だなと思います。

私どもは、人生は楽しんで生きる方がいいという価値観を持っております。

しかし、その一方では「楽しみしかない人生は味気がないですね」と言われたご門徒がありましたが、まさに人生が楽しみばかりで終わるような価値観しか持ち得ない人生は虚しいばかりということもわかる感覚を持っているものでしょう。

長く生きれば生きるほど、この詩のように思いのいかない事が増えるのではないかと思います。

例えば、長生きをしておられる方に「これからあなたはあと100年生きなさい」と神様から言われたとすれば、これは相当な苦行ですよね。だって長生きすれば、浦島太郎のように誰も昔の事を懐かしく語り合う相手もいなければ、ともすれば、自分の孫や子供に先立たれても、なお生きていかなければならない。これほど辛い者はないんじゃないかなと思います。そこにあるものは「苦」ですよね。死にたいと思っても死ねない。そういう「苦」でしょう。大概は死にたくないのに死んでいかなければいけないと苦しむものですが、ドラキュラの話のように死ぬのが怖いからいつまでも生き続ける。しかし、いつまで生きても生きた実感を得られないから死ぬに死にきれないで苦しむ・・・。これって、ものすごく恐ろしいことですね。

 

 まだまだ若造の年齢の私たち世代の目下の願いは、おおよそ健康だと思います。健康であれば人生を謳歌できると考えているのでしょう。朝早くから健康のためにジョギングをしたり、おおよそ「健康」と名のつくものならすぐに飛びつくと言ったような感じですね。

かくいう私も同じなのですが、やっぱり、まだまだ死にたくはないですよ。

健康であることは大事ですが、しかし人生の目的ではありません。

もちろんですが健康になるために人間に生まれたわけでもないし、健康であれば人生は幸せだと思うのならば、命の終わりには絶望しかないんじゃないかなと思います。だって命の終わりには必ず健康でなくなる日が来るのですから。

 

「苦」というのは、インドの言葉では「思いの通りにならない」という言葉なのだそうです。

ですから、思いの通りにならないということはすべて「苦」なのですね。若いうちは思いの通りに体も動くし、頭も働く。

しかし、歳をとるとそうはいかない・・・・でしょう?

だから、歳をとるということは、岡本かの子さんに言わせると、「悲しみが深くなるほど、いのちは輝く」ものだといっておられます。それは思いの至らないことが、人間を本当の人間に育てる道であるということを言っておられるのだと思います。

そして、思いの通りになるうちは、お寺はただの風景です。若い頃は大概そうではないでしょうか。

しかし、思いの行かぬ自分をいただくことができる仏縁をいただいた者ならば、お寺は人生の道場となるでしょう。

そこに、「いよいよ輝くいのちなりけり」といえる人生をいただくことができるのでしょう。

コメント