第7回 推進員の集い

梅雨も順調に開けましたが、夕涼みのない暑さが続いております。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。今日は第6回目の「萬行寺推進員の集い」が行われました。

前回は具体的な話もでて話が弾んだように感じました。お茶菓子などをいただきながら、お寺のあり方など忌憚なく語りあえる場になればと思います。

このまま何もしないままただ集まるだけでは何にもならないので、何かをしようという提案が上がり、推進員が集まる大会のようなものを催してはどうかという意見も上がりました。

 推進員の皆様一人一人がお寺に携わり、推進している手応えを感じられるような会であってほしいと願っています。それぞれ忙しいかと思います。

参加できない推進員の方は案内状に目を通していただくだけでも結構ですので、何卒よろしくお願いいたします。

 

集いのメモ書き

 

1、お寺で法要がつとまっていることを知ってもらうための工夫。

<問題点>

 ○案内状に名前が書かた人がお寺の法要に参詣するものだと思っている人が多い。

 ○各法要の案内状を送っているが、宛名に書かれた人でなくても見られるような案内は出来ないだろうか。

 

 ○門徒の代表者が高齢で施設に入所している。または歩くことが出来ないなどの理由で法要に参詣できない人に案内が届いている。

 

 ○宛名当事者の若世代は別所帯であるために、案内状が届かずお寺で法要が勤まっていることを知ってもらうことが出来ない。

 ○お寺は魅力のある場所ではなくなった。(他に面白いところがたくさんある。)

 

現状として

 ○正信偈をお勤めできない子どもがとても多い。

 ○宗教への関心はあるが、お寺への関心はなくなっている。

 ○年忌法事が減っているため、お寺へ行くことを勧めるチャンスが極端に減っている。

 ○真宗の教えを聞いて育った人の中にも「家族が自分の宗教を自分で選ぶのは当然」であるという感覚を持っていることは当たり前である。

  <理由>

  →家の宗教で縛ることはよくない。

  →自分の人生だから、自分で選ぶのは当然だ。

  →信教の自由だから、強制をすることはよくない。 

コメント