御遠忌団参で行こう!! 二日目 4、青蓮院 

明日ありとおもうこころのあだ桜
夜半に嵐のふかぬものかは


幼くしてご両親を亡くされ、激しい無常を感じられた親鸞聖人は、出家の志を深く心に固め、叔父の日野範綱(ひののりつな)卿に伴われて、京都の粟田口にある青蓮院(しょうれんいん)の門をくぐり、出家得度(しゅっけとくど)の式にのぞまれました。九歳の春のことでした。


青蓮院のホームページをのぞくと、天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くより知られています。現在は天台宗の京都五箇室門跡の一つに数えられています。青蓮院門跡は、古くより皇室と関わり深く格式の高い門跡寺院とされております。とのこと。



あいにくの雨で、写真を撮るには今一の天気。

苔むした根っこの力強いこと。





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL