御遠忌団参でいこう!! 二日目 1、日野法界寺



ここは開基が伝教大師最澄とされている真言宗醍醐派の別格本山だそうで、親鸞聖人は日野有範の子としてここでお生まれになられたとされています。ここの本尊は薬師如来があるらしいのですが、秘仏となっているそうです。
「日野薬師」あるいは「乳薬師」の別名でも知られている薬師信仰の寺なのだそうです。

 寄せ棟の屋根がかっこいい薬師堂
 ここには国宝の阿弥陀堂があります。その堂内には11世紀末頃の作といわれる高さ2.8メートルの阿弥陀如来像が安置されていることでも知られています。ここへきて初めて知ったのですが、この本堂は比叡山にもある常行三昧堂の形式で建てられていて、この中で常行三昧の修行をするお堂だそうです。
「常行三昧/じょうぎょうざんまい」とは、堂内に百日間籠り阿弥陀如来の周りを念仏を称えながらひたすら回続ける修行だそうですが、比叡山では一番厳しい修行ともいわれているそうです。ここではそれぐらい厳しく修行をされるのかはわかりませんが、親鸞聖人が比叡山に登られ、たくさんある修行の中からなぜ常行三昧の修行を選ばれたのか疑問でした。しかし、すでにそのご縁はこの法界寺で阿弥陀堂に由来しているのだと初めて知りました。

桧皮ぶきの屋根がとてもいい感じの阿弥陀堂

    山門からの眺め

      庫裏





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL