長崎教区 秋安居開筵/あんごかいえん



今日から3日間佐世保別院に泊まり込んでの修行です。この修行は安居と呼ばれ、墨袈裟をかけて長崎教区内のほとんどの僧分が集まります。

講義は去年に引き続き池田勇諦師です。講題は「証文類に浄土真宗を学ぶ その2」となっていて、池田先生は3年間ご講師をお願いしています。今年は2年目になり、来年も引き続き来ていただくことになっています。




======================================
<ウィキペディアより転載>
安居(あんご)は、それまで個々に活動していた僧侶たちが、一定期間、一カ所に集まって集団で修行すること。及び、その期間の事を指す。
また、法臘は夏安居に参加するごとにひとつ増えるとされた。

<仏教界での用例>
安居とは元々、梵語の雨期を日本語に訳したものである。
本来の目的は雨期には草木が生え繁り、昆虫、蛇などの数多くの小動物が活動するため、遊行(外での修行)をやめて一カ所に定住することにより、小動物に対する無用な殺生を防ぐ事である。後に雨期のある夏に行う事から、夏安居(げあんご)、雨安居(うあんご)とも呼ばれるようになった。
釈尊在世中より始められたとされ、その後、仏教の伝来と共に中国や日本に伝わり、夏だけでなく冬も行うようになり(冬安居)、安居の回数が僧侶の仏教界での経験を指すようになり、その後の昇進の基準になるなど、非常に重要視された。
現在でも禅宗では、修行僧が安居を行い、安居に入る結制から、安居が明ける解夏(げげ)までの間は寺域から一歩も外を出ずに修行に明け暮れる。

======================================

 70年以上昔、西坂に長崎教務所があった時代です。夏になりますと、教区内の皆さんが集まって、暁烏先生、金子先生、曽我先生等、浩々洞(こうこうどう)の主力メンバーの方々においでいただいて、夏期講習会というのがあっていたようです。

長崎には、向学心のある先輩方が沢山おられ、寺も恵まれていた点もあったからでしょうか、浩々洞に学ばれた方がおられたようです。その様な方の力もあり、先ほどの先生方がおいでになっておられたようです。この伝統が受け継がれまして、今の筑後町の教務所に移りましてからも続けられ、柳行李を担いで、当時の方々は筑後町のあの石段を登って、その夏期講習会に来ておられました。その後、相変わらず浩々洞出身の先生方はおいでになって、私の記憶にありますのは、曽我先生が昭和45年までおいでになりまして、昭和46年に御遷化なさいました。その頃から、秋安居という名前で呼ぶようになりました。

 実は、安居というのは、本講の先生がおいでになってお話しするのが本当であるが、長崎の場合は、そういう先生方をお呼びせず、聴講したいと思う先生方においでいただいていたから、純粋な安居ではありません。本講の先生方を呼ぼうという声もありましたが、初心を忘れず、夏期講習会のスタイルをとっています。
コメント