真宗のことば48

今、いのちがあなたを生きている。

人身受け難し、今すでに受く
                             「三帰依文」

 私として現に生ているということは、大きな驚きと感動をもって受け止めざるをえない。
父母を縁として生まれ、自らの人生を生きる中でふと「この自分とは何か」という疑問をもつことがあるであろう。そのとき誰しも人は、真実の自己を求めてこの世を生きる自分自身を根底から問わずにはおれない。正しくいのちが本当に解くべき問いとなって改めて自分に迫ってくる。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL