8月9日という日/非核非戦法要



今年もこの日がやってきました。毎年この日が来るたびに、あの日も同様にじりじりと焼ける日差しだったのかと想像します。

 長崎教区がこの64年来、忘れえぬ念いとして大切にしてきたテーマである『非核非戦』。ここ爆心地から5キロほど離れた筑後町にある東本願寺長崎教区教務所の境内地には『非核非戦』と書かれた碑があり、ここには1万体とも2万体分とも推定されているおびただしい数の身元不明の被災者の遺骨が納められています。ここで64年来、毎月欠かさず法要が営まれてきました。
しかし、昨今では参詣者の数も年々減ってきています。教区内の僧分の原爆に対する認識も変わりつつあります。

『非核非戦』
この言葉は原爆の惨劇を目の当たりにした先師方が、あの焦土の中から紡ぎだした被災者の声なき声でした。
今日、声高に叫ばれている核廃絶への道は、核兵器そのものをなくすことが全ての解決策ではありません。無論、早急に核兵器を廃絶し、武器のない世界を創出しなければ、人類の未来は暗いものになるでしょう。そういった意味でもその第一歩を踏み出すことは大事です。
しかし、最も問題なのは武器をなくしても、それを造り出すような人間の心を放棄しなければ、真の意味で問題の解決にはならないという事です。

これまで長崎教区が大事にしてきた『非核非戦』という言葉の本意は根本の問題を提示しています。それは我々人類が原弾を落としてまでも自らを鼓舞しようとする人間の無知と無明の知恵に『非』と問うて、人間を真に解放したいと願っている如来の呼び声なのです。

しかし、その事実も時間の経過とともに忘却の一途を辿り、再び同じ過ちが繰り返されようとしています。
この「忘却」は、原爆の被災者を二度殺すほどの暴力であるという事を、私たちは再び心に刻まなければなりません。

コメント

とても大事なことです。
忘れてはいけません。

この「忘却」は、原爆の被災者を二度殺すほどの暴力であるという事を、私たちは再び心に刻まなければなりません。

この言葉は厳しい言葉ですが、全くその通りだと思いました。

  • おちむしゃ
  • 2009/08/11 18:09

昨今では、暗いことを言うのが悪いというような風潮があるように感じます。
明るい話題。明るく楽しい暮らし。
そこで、昔の暗い過去は今はいいから、とりあえず忘れてこれからは何事も水に流してフラットに未来志向で行こうという。そうして思ったより簡単に大切なことを忘れ去ってしまったように思います。
そう思う昨今です。おじさんの愚痴です。

  • 夢の元帥
  • 2009/08/11 18:18

コメントありがとうございます。
違う話ですが、『反戦反核』でなく、『非核非戦』だと言うことが大事ですね。
反戦反核は反対のために新たな戦いを生むことになりかねません。
この言葉はいわば『非暴力・不服従』の精神を言っていると言ってもいいのかもしれません。

  • 管理人
  • 2009/08/11 18:23

今度機会があったら行ってみたいと思います。

  • YOU@M
  • 2009/08/13 15:32

そんなことがあったんですね。
とても大事なことですね。

夏になると日本中が毎年戦争の話題でになるように思いますが、(それも長崎人だからなのでしょうか)「戦争の話はもういい」という声もあるのも事実でしょう。

その奥底にあるのは、どのような心なのでしょうか。

ここからは全く私の憶測ですが、「子どもの頃から夏になると戦争の話を聞くと辛い気持ちになる。今の日本は十分平和で、現代の子どもたちは戦争をはじめから知らないのだから、あえて戦争の話をしないでもいいのではないか。」または「戦争に対しての先入観を植えさせたくない。」ということをいうのではないかという気がします。

全私の憶測でした。すみません。

  • だいちゃん
  • 2009/08/13 17:55
トラックバック
この記事のトラックバックURL