萬行寺真宗婦人会一日研修

11月26日に壮年会の研修がありましたが、今日は真宗婦人会の一日研修です。

真宗婦人会は壮年会よりも歴史も古く、会員数も多い分、研修も大所帯です。今年は昨年より少ない参加数ですが、それでも総勢で53名。バスは2台を貸し切っての1日旅行です。来年はお寺で聞法会などの研修を行う予定となっています。

この一日研修旅行は2年に一回行っており。かつては泊まりがけで行ったこともありました。

 

 さて今回お邪魔しましたお寺は長崎教区第3組、川棚にある福淨寺さまにお世話になりました。

 

実は福淨寺さんと萬行寺は開基が兄弟で、家紋も同じ『平戸梶』。平戸の城主と同じだと聞いています。福淨寺開基のお墓は萬行寺に現在あります。

<萬行寺の歴史について>

萬行寺のHPでは第三の世の了閑(りょうかん)が福淨寺の開基と伝わっています。その了閑は福淨寺を建立後、時津に移り住みます。

 当時、萬行寺は現在地より少し離れたところに実兄である道夢が小さな庵を建て布教にあたっていました。弟の道夢は引退後、順知に庵を譲ります。その後、兄である了閑が三代目を継職したとしています。

実は当時、庵だった道場を現在地の「六屋敷」に移設し、西本願寺(当時はお西でした)より本尊を下付され『亀水山萬行寺』としたのは了閑の業績で、本当は実質上の開基にあたります。しかしながら、その前の道場の時代より現在地に移設するまでにおおよそ40年ほどかかっていることを考えるとその歴史も重要だと考えて開基を道夢と萬行寺ではされています。

以前には萬行寺と福淨寺の壮年会が互いに行き交って交流会を持ったこともありました。福淨寺さまには明治より続く壮年会があり、婦人会も盛んだと聞いています。また福淨寺の仏青(仏教青年会)や日曜学校(子ども会)も全国でも早い頃に結成され、現在も続いていると聞いています。

今回は萬行寺真宗婦人会の研修でお邪魔しました。

 

全員で集合写真をパシャリ!

 

福淨寺さまを出ると波佐見町へ移動して昼食です。その後は「浜陶」さんにて波佐見焼を見学。お土産をそれぞれ買って帰路につきました。

 

 

 

萬行寺真宗婦人会 総会

 今日は年に一回の萬行寺真宗婦人会の総会です。

朝から大勢の会員が本堂に集まりました。

全部で100名ほどが参加。全会員が約400名近くいますので、ざっと計算すると4人に一人が出席ということになります。

ここ何年間では一番多い参加数ではないかと思います。

今年度の行事といくつかの議題について協議されました。

今年度は2年に一回の一日研修。それから婦人会会旗についての協議が行われました。

萬行寺真宗婦人会では会員が亡くなられた際の葬儀に会員が婦人会の会旗を持参して揚げていましたが、この会旗の取り扱いについて様々な意見が上がり、高齢化などの理由により葬儀の際には掲げないことが協議され、その結果今日のような総会や婦人会の行事の際に掲げる事に決まりました。

この会旗は、萬行寺の現本堂が昭和54年に再建された際に真宗婦人会がその記念として掲げるようになりました。そのほかに本堂の外陣に下がっている金灯篭。または記念事業として『新入学児お祝い会』などが新しく行われるなど積極的に活動を広げ、現在のような婦人会組織を形成してきました。そのお陰で現在ではこれだけの会員にその意思が受け継がれています。

しかし、その会旗は真宗婦人会の願いを形に表したものではありますが、この度会員全員に会旗掲揚についてのアンケートを実施しましたところ、その多くに「持ち運べなくなった」。あるいは「意義がわからない」など様々な問題が生じています。そこでアンケートの結果を受け、役員全員で協議の末、葬儀の際には掲げないとの決断をすることとなりました。

 

組織というものは栄枯盛衰色々ですが、これもその習いでしょう。しかし、改めて考えてみればこれだけの会員が総会に集まるという事実は見逃してはならないことです。

 長い間の積み重ねによってできたものを壊すのは簡単ですが、衰退したものをもう一度掘り起こすのも大変です。それだけに願いがかけられていることに想いを馳せることは大事ではないかと考えさせられました。

 

 

 

毎月28日は親鸞聖人ご命日 

本日は親鸞聖人の毎月のご命日です。ご命日参詣を推進すべく始まった萬行寺真宗婦人会恒例行事、『長寿者お祝い会』が兼修されました。

 案内は去年より全会員名簿に生年月日を記入するようにしたところ、スムーズにご案内が届き、昨年より参詣が増えております。

年齢のこともあり参詣できない方々もあるなか、長寿者の参詣は7名でした。

はい!チーズ!

 

萬行寺真宗婦人会 『新入学児お祝い式』

今日は毎年恒例の「新入学児お祝い式」。

この時期はお祝いなどが多く続きます。

一般的にはお寺というとお葬式のイメージが強いでしょうが、このようなお祝い事も多くやっています。

今回は一人ということで、賑やかではありませんがありがたい一人です。

みんなで一年生をお祝いしました。

来年も行いますので新一年生がおられるご家庭はがありましたら是非ご連絡ください。お待ちしております。

みんなで記念撮影。

 

萬行寺真宗婦人会/おみがき

 今日は12日から行われる『作上がり法要』の準備で仏具を磨き。通称「おみがき」でした。午前中からたくさんの真宗婦人会の会員が参加してくださいました。

「おみがき」は各地区持ち回りで年に4回行っています。

今回の作上がり法要では2日目の日中には真宗婦人会の物故者追弔会(ぶっこしゃついちょうえ)を兼修して行うことから毎年7月のおみがきは真宗婦人会の会員の皆様におみがきをお願いしています。

今日は60名近くが参加くださり、滞りなくおわりました。

 

 

 

 

 

お斎には「いただきます」と「ごちそうさま」のカードを添えてみました。

またお土産も用意して盛況な1日でした。

親鸞聖人御誕生会の一日

子どもの行事が続きます。

朝からは新しく一年生になる子どもたちのお祝い会。

数えると今年で39年目の新入学児お祝い式。さすがに39年目ともなると一つの歴史ですね。
子どもの頃、お祝いしていただいた子どもたちがお母さんお父さんになって息子や娘を連れ、お祝いしたお母さんや父さんたちがお孫さんを連れてお祝い式に参加くださるようになりました。
新入学児のお祝い式は現在の本堂が昭和54年に再建され、その記念事業の一つとして萬行寺真宗婦人会によって始められました。時代は変わっても、子どもたちの姿は変わらないものですね。

 

夕方は「おとなの花まつり」。

おとなは花より団子です。

花にかけてお花見と花まつり。花まつりというより酒祭りといった感じもしないでもありませんが、一応花をメインにお花見と花まつりです。

今年から親鸞聖人の誕生会として花見をすることになりました。

新一年生のお祝い会

4/1新入学お祝い2萬行寺真宗婦人会の企画として始まったのが今から34年前。本堂が新築され、今の代の住職になってからのことです。それから毎年恒例の行事として行われてきました。


4/1新入学お祝い334年続けると、以前に自分もお祝いをしてもらったという親御さんがこどもを連れてくるようになっています。その次は同じ方が今度は自分の孫を連れてくるようになることでしょう。


4/1新入学お祝い1以前はお祝いする児童の数が少なく心配された年もありましたが、今年は例年よりも多い参加者で賑わいました。

1