仏前結婚式

お寺の本堂で結婚式が行われました。

「遠く宿縁を慶べ」 親鸞聖人
住職司婚による結婚式が執り行われました。ご結婚されたのは、濱田慶さんと曉子さんご夫妻です。その日の穏やかな気候に相まって、両家共に晴れやかな宿縁を慶びあいました。

<住職法話>

 仏道には自利と利他、二種の修行があり、自利が完成すると利他修行が始まります。人生はまさに修業です。そういった意味で結婚生活は自利利他修業の分岐点にあたります。まさに互いにこのご縁をいただくまでの人生修行が試される生活現場です。

また、家庭生活は単なる喜びだけではありません。その中で共に手を携えて悲しみも苦しみも喜びも全て人として生まれた喜びとして生きて往ける人生の円満(仏に成る)を目指して歩む事の出来る伴侶を賜るということは有難いことです。本日はまことにおめでとうございます。

新郎新婦入堂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫婦の誓いを求めます。

 

ここに両者の結婚を認めます。

その記念に念珠を授与し、夫婦として指輪を交換します。

形式は教会などでも行われていることと変わりはありません。

 

 

 

 

 

 

移動揃って記念撮影!

 

 

 

お寺で結婚式

今日は少し雨が降りましたがなんとかもって暑くならないだけいいのではないでしょうか。ということで、結婚式を行うにはこの時期にしては絶好の気候です。新婦の衣装はいずれにしても式をするには少し熱いかもしれません。
いやぁ、いい結婚式でした。結婚式というと「教会か神社で挙げるもの」というイメージが強いのではないかと思います。最近では式は行わず、パーティー形式のものが多くなってきているそうです。いわゆる人前結婚式というやつですね。神仏の前で結婚を誓うということは大事なことではないでしょうか。
お寺での結婚式もいいものですよ!
どうぞ申し込みをお待ちしていますよ。


仏前結婚式/伊万里・大福寺

伊万里(久留米教区伊万里組)指月山大福寺の次男。いとこの結婚式に行ってきました。
仏前結婚式自体が珍しく、見たいという人が多いようで友人や知人の参列者が集まりました。

司婚は福岡県前原市、光明寺のご住職、漢忠夫師でした。漢師は度々萬行寺にもご講師としても来ていただいています。



<仏前結婚式式次第>

新郎新婦入堂
司婚者入堂
開式の辞
司婚者焼香
総礼
勤行  嘆仏偈/短念仏/回向
表白
司婚の言葉
誓いの言葉
念珠授与
新郎新婦献花献香

<式杯>
夫婦交杯
祝詞(法話)
総礼
司婚者退堂
新郎新婦退堂
閉式の辞


おめでとうございます。



披露宴は嬉野温泉大正屋にて。



1