7月の法要ごあんない

=============ごあんない================

 

蝿一つ 打っては南無阿弥陀佛かな     小林一茶

 

かつて人々は山川草木や路傍の虫にも手を合わせて生きていました。すべてのいのちと共に生きる中で頭の下がる心を育んできたことでしょう。
その一方、私たちの生活はかつてのような時代とは決定的に何かが違う。そう感じることはないでしょうか。この違和感は一体何なのでしょう。

 昔より、田植えが終わると農作業のために無数に殺した虫たちのいのちを拝むため、門徒相寄ってお寺で「作上がり法要」を勤めてまいりました。

私たちはこれまでに頂いてきた無数のいのちに頭が下がったことがどれほどあるでしょうか。今一度、私たちの在り方を仏法に訪ねてまいりたいと思います。夏のひととき、お寺でお待ちしております。 

                              御門徒各位 萬行寺

 

講師:内藤 義英 師 (愛野町 光西寺前住職)

 

日時

時間

お勤め

詳細

12日(金) 10:00 ~ 12:00 お勤め:正信偈/念仏/和讃/御文

19:30 ~ 21:00

お勤め:正信偈/念仏/和讃/御文

13日(土)

10:00 ~ 12:00

お経(仏説阿弥陀経)/正信偈

兼修/真宗婦人会 物故者追弔会

 

〈  携 行 品  〉
●大 谷 聲 明 集(上)・・・・・・・※『大谷聲明集』をお持ちでない方は「大谷派勤行集(赤本)」を持参ください。
●肩 衣
●念 珠
(※肩衣や勤行本、その他、お経・書籍などはお寺で購入できます。)

 

作あがり案内1

 

作あがり案内2

 

春の永代経法要がつとまります!

永代経法要を上記の日程にて厳修いたします。

今回のテーマは「念仏するこころ」です。

永代経法要は永代にわたってお経(おしゃか様の教え)が読誦され、お釈迦様のみ教えに直接触れる機会をいただく法要です。

その法要に参詣する意義とはなんでしょうか。

私はこのように感じています。

お経(=お釈迦さまの教え)とは、私が「悲しみや苦しみの多い人生であっても、いただいたいのちを精一杯に生き抜いてほしい」と願われている人間存在であると教えてくださいます。

そのことに「目覚めさせるはたらき(=ブッダの法)」にであう絶好のご縁なのです。

この「人間に生まれる」ということを親鸞聖人が師の一人と仰がれた源信僧都の作とも伝えられている念仏法語(横川法語)には次のように記してあります。

 

それ、一切衆生、三悪道をのがれて、人間に生まるる事、大きなるよろこびなり。

身はいやしくとも畜生におとらんや、家まずしくとも餓鬼にはまさるべし。心におもうことかなわずとも、地獄の苦しみにはくらぶべからず。世のすみうきはいとうたよりなり。人かずならぬ身のいやしきは菩提をねがうしるべなり。

このゆえに人間に生まるる事をよろぶべし。

                  念仏法語(横川法語)伝源信僧都   真宗聖典p961

 

このように、ブッダの教えに出遇うということは、人間であることの悲しみに触れて、その悲しみの底から人間に生まれたことのよろこびをふつふつと感ずる。そのようなものではないかと思います。

なお、お寺の法要は、門徒・未門徒・宗派・宗教/先祖の有無に関係なくどなたでもお参りできます。

今年の五月は超大型連休。10連休後は忙しいかとは存じますが、どうか万障繰り合わせてご家族や友人などを誘い合わせて参詣くださいますようご案内いたします。

 

春彼岸ご案内

暑さ寒さも彼岸まで、随分と暖かくなってきました。春のお彼岸の準備が整いました。今回は上記のテーマでお勤めします。どうぞ、お参りください」。

両度のご命日 〜ご案内〜

毎月25日 10:00〜12:00 法然上人・蓮如上人ご命日法座(おとなの寺子屋講座)

 〃  28日 10:00〜12:00 宗祖親鸞聖人ご命日法座

を行なっています。どなたでもお参りできますのでどうぞお参りください。

 

年末年始のお知らせ

12月31日

除夜の鐘

23:00より本堂に上がってお参りされた方に整理券を配布します。

除夜の鐘においでになる方は「数珠」と「賽銭」をお持ちください。(お持ちでなくてもお参りできます。)

 

1月2日   

朝7:00から8:00

新年初参り

修正会(しゅうしょうえ)

仏教徒ならば新年は「如来さまに手を合わせ一年を始めましょう。

おとなの寺子屋講座

もしもに備えて知っておきたい仏事  〜その4〜

お葬式編  その2

秋の永代経法要 ごあんない

11月28日から30日まで「秋季 永代経法要」がつとまります。

おとなの寺子屋講座 その3 お葬式編

もしもに備えて知っておきたい仏事  お葬式編❶

11月25日(日)10:00〜12:00 (終了後にお弁当をお出しします。)

 

枕勤めからお通夜編に続き第3回目はお葬式編❶です。

 今日のお葬式のほとんどは葬祭場で行われるようになり、かつてのように人々が寄り集まって総てを切り盛りしながら、その人の死を見つめてきた地域社会に代わり、現代は葬儀を専門に取り扱う業者にお願いすればその総てを行ってもらえるようになりました。

そのような中で私たちの社会は核家族化によって家族の形態やあり方の変容に伴い、死生観も変化してきたように感じられます。

 人の死を身近に感ずる機会の少ない私たちにとって、葬儀は最も人間の”まことの事実”を知らされる唯一の機会ではないでしょうか。それだけに単に家族を送るためのセレモニーとして葬儀を行うのではなく、”まことの事実”である「生」と「死」を合わせ持って生きている人間に生まれてきたという大切な意義を感じられるところに「仏事としての葬儀式」があるように思います。

 

今日の葬儀場での葬儀段には浄土真宗にそぐわない荘厳も見受けられます。大切なご家族の葬儀ですから門徒の心得として正しい葬儀式の有り方を知っておくことは大切なことです。昨今では斎壇の豪華さばかりが目につくようになりました。しかし、本来の浄士真宗の通夜・葬儀は壇飾りも華美に飾った祭壇もなくいたって簡素なものです。それが現代のような葬儀壇へと変化してきました。遣族の心情として立派な斎壇にしてあげたいという気持ちはよくわかります。しかし、それに執らわれると、何のために通夜・葬儀を行うのか、その大切な意義が見失われてしまいましょう。

時代の流れにより、家族葬、直葬など様々なサービスやスタイルの葬儀も営まれるようにもなりました。様々な演出も見受けられることもあります。大切なことは仏事であるという本質を見失わないようにしたいものです。それと同時に誰のために何が必要で何をするための式なのかを考えておきたいものです。

 

 

おとなの寺子屋講座 その2 お通夜編

おとなの寺子屋講座 葬儀 通夜 浄土真宗 中陰 仏事 家族葬 終活 枕勤め お布施 萬行寺 葬儀社 お経 正信偈 納骨 納骨堂 永代供養 永代経 ご本尊 阿弥陀如来 親鸞聖人 蓮如上人 初七日 二七日 満中陰 百か日 浄土真宗 真宗大谷派の仏事 追善の仏事 報恩の仏事

おとなの寺子屋講座  もしもに備えて知っておきたい仏事 その2 〜お通夜編〜

浄土真宗入門講座

 前回に続いて、今度はお通夜編を行います。

普段なじみのないお悔やみごとなだけに、「こういうときどうしたらいい?」とか、緊張する場だからこそ、失礼や失敗のないようにしたい。

だけど、何をどうすればいいのか、こういう時って何をすればいいのかわからないことって沢山あります。すぐには解決できないことですが、まず仏事の謂われや意義をまず知っておくことは大事です。

作法やしきたりなど、よく分からない、あるいは何でこんなことするの?という疑問は尽きません。知っていて損はしないもしもに備えて知っておきたい仏事。

25日 10:00から 

お待ちしております。

第3期 おとなの寺小屋講座がはじまります!

毎月25日は、蓮如上人・法然上人ご命日として法座が勤まっています。

昨年からはおとなの寺子屋講座と銘打って「浄土真宗入門講座」を開いています。

今回は9月から新たに3回限定として下記のテーマで行います。どうぞお見逃しなく。

どなたが何回お参りされても結構です(参加費不要)。参詣された方には終了後、お弁当をお出ししますので、お寺まで連絡をくださるようお願いします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーご案内ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 現在、テレビや雑誌などで紹介されている一般的な心得では浄土真宗の教えにそぐわないことが多くあります。
そこで大切なのは浄土真宗における仏事が何をするために行われる宗教儀礼であるのかをまず明確にすることが大事です。そこが抜ければ、仏事は一過性の通過儀礼に終わってしまいかねません。
そこで、今回からの講座は作法やしきたりや心得・由来などについても出来るだけ解りやすく紹介しながら、それぞれの仏事の意義や歴史についてもお話できればと思っています。


どうぞ有縁の方々を誘いあってお参り下さい。真宗大谷派 亀水山 萬行寺

 

 

秋の彼岸会のご案内

暑さ寒さも彼岸まで。いよいよ、お彼岸の案内です。

今回の法要は右のテーマについて各ご講師にお話しいただきます。
私たちの暮らしの中で「浄土」という言葉を聞くことがなくなりました。言葉がなくなるという事は、「精神の死」であるといわれます。
浄 土は「いのちの帰す処」。または安心して生きて往くことのできる 土 (環境)であると宗祖はいわれます。そうであるならば浄土なき人生は、行くあてのない旅と同じで孤独で不安です。浄土は 眞 に往くべき 宗 (依り処)を失った現代に生きる人間を問うています。
どうぞ、お孫さんやご家族など有縁の人々を誘って、ぜひ参詣下さい。
 

 

お盆法要

 盂蘭盆会のご案内

 

8月 13・14・15日の三日間

 

夕方7:00より

 

萬行寺本堂にて

 

仏説阿弥陀経(読経中に焼香があります)

 

======================

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」は、目連(もくれん)尊者の母親が餓鬼道に墜ちているのを救うため、釈尊に教えられて法座を立てたことに由来しています。それは、目連自身が仏法を聞く縁に遇って、亡き母を餓鬼道に落としていた我が餓鬼の根性に気づかされる尊い仏縁でありました。

 お盆は、あらためて先祖・亡き人の声なき声に耳を傾け、我が身に目覚める聞法のご縁です。お寺で法座がある場合は、ぜひお参り下さることがもっとも尊い本来のお盆の意義であります。