お浚い(おさらい)

ただこの信を崇めよ
       -教行信証総序-
報恩講が終わった次の日にお浚い(おさらい)の勤行をします。
結願のお勤め半分の3首(如来大悲の恩徳はまで)を読んで、次の日に残りの半分の3首をお浚いとして読みます。
これをもって報恩講が終了になります。和讃は『不了仏智のしるしには』です。

次の日の和讃からは「仏智疑惑和讃」と呼ばれるもので、「自分はちゃんと修行したんだ」という充実感が、いつでも驕慢の心(自らを誇るこころ)に変わるぞ。という戒めのような和讃です。
”如来よりたまわりたる信心”を、まるで自分の手柄にするような心。そんな爽快感から、自力の心に我々はすぐなるものです。まさに「不了仏智のしるし」です。


結願日中/最終日

これで今年の報恩講はおわりです。

式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『三朝浄土の大師等』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』  



最終日、結願(けちがん)は法衣をつけます。フィナーレのトリを飾る和讃は「如来大悲の恩徳は」です。





台所も大忙しです。最後の日は参詣者全員にお斎がふるまわれます。












片付けの前にお斎をいただきます。これで報恩講最後のお斎です。




食事<メニュー>

おにぎり
煮しめ
さつまいもの天ぷら
こんにゃくのフライ
煮豆
たまご焼き
ごぼうのごま和え


お斎の後は、報恩講のすべての荘厳をといて平常の荘厳に戻します。夕方までかかって華をいけかえます。華方は大変です。








お華束も全部ばらばらにして、皆さんに持って帰っていただきます。














一周間かかった準備も片付けは本当にあっけなく、早いものです。





厨房班はようやく食事。
今日まで約2週間。厨房班は、昼夕のお斎の準備で法話を聞く時間がほとんどありませんでした。
ほぼ毎日違うメニューでお斎をつくっていただきました。とてもおいしかったです。ありがとうございました。
毎回思うのですが、やはり一番の貢献者は厨房班のみなさんではないかと思います。拍手
ごちそうさまでした。そしておつかれさまでした。







町では旧正月に当たる祭り、『ランタン祭り』の最中です。
これから盛り上がるそうです。今日は遅いせいでしょうか、なんだか閑散とした雰囲気です。
夜の浜の町アーケード。
これから、行こか戻ろか『思案橋』へ。差し当たって『打ち上げ』といったところでしょうか。
一週間よく精進しました。
「精進」という言葉を”質素な料理”のことと誤解しておられる方がいましたが、そういう意味ではありません。
もちろん料理のことも指しますがそれだけではなく、じき(食)という修行のことです。
貪るということを出来るだけしない。もちろんいのちについて考えるご縁をいただくといったも言いでしょう。
『命日』という言葉の意味もそういう意味から考えれば、いのちについて考えるといっても言いでしょう。

よく精進したと自画自賛はしてみますが、実際はしたのかな?(反省ショック
明日は『お浚い/おさらい』で、報恩講が終わって息つく暇なく来年の報恩講へ向けて新たに始まることを意味しています。



大逮夜/6日目

晨朝(じんじょう)7:00~
   
   文類正信偈 草四句目下
   和讃    『菩提をうまじきひとはみな』
   御文    『御正忌』

式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『浄土の大菩提心は』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』    
 

<お昼のメニュー>

27日ゆずみ豆腐

ゆずみ豆腐丼
ひじき
お吸い物


ゆずみ豆腐丼は、萬行寺の名物で、ご飯の下に湯豆腐が入っています。その上にゴマだれ・海苔・葱をのせたシンプルなものです。
これは前房守が大分の実家で教わったものを出したところ、非常に人気があって今では長い法要の時には必ず出るメニューです。



大逮夜(おおたいや)19:30~

  正信偈    真四句目下
  念仏讃    濁五 
  和讃     「五六億七千万」
  廻向     我説彼尊
  『改悔文』
  法話     若院



27日よる

夜はカレー。
萬行寺のカレーは辛めのようです。
法中が何人来るのかわからない時にはカレーが一番です。



控えの部屋は、法中でいっぱです。総勢15人。(内陣出仕3・下陣出仕6・楽人6)と萬行寺の報恩講では一番賑やかな日です。



















今回はなかなか良かったように思います。



             A nice session!






真宗の寺院は、二つのスペースで構成されています。まず本尊の安置しているスペース。これを内陣(ないじん)といい、門徒が参詣したりするスペースを下陣(げじん)とよんでいます。これは蓮如上人のころから真宗のお寺が道場としての用途が強くなり、今のような形式になったといわれています。
寺院が狭かったり、道場形式などの様式などで、若干の違いがあることもありますが、おおよその寺院には内陣と呼ばれるスペースがあります。
中心に阿弥陀如来。これを中尊前(ちゅうそんぜん)といい、向かって右側を祖師前(そしぜん)と呼び、親鸞聖人の御影が安置されています。向かって左側には、蓮如上人の御影が掛けられているとおもいます。その両脇のスペースには七高僧・聖徳太子・前住職の法名軸・そのお寺の開基の法名軸がかかっているかと思います。
毎年報恩講になると、本堂の広さによってまちまちではありますが、広いところでは、さらにその脇に『御伝抄絵伝』が四幅掛けるようになっています。
しかし、萬行寺ではそのスペースがないために、聖徳太子・七高僧のスペースに御伝抄絵伝を掛けないといけないということで、報恩講の期間中だけ二幅にはおやすみいただくことになりました。

ということで、前置きが長くなりましたが、座敷に太子・七高僧の軸を掛けて門徒の方たちに観てもらうようにしました。

「この二幅は江戸時代、本願時から下付されたもので、この寺の中では一番古いものだといわれています。
右が七高僧、左が聖徳太子です。
ご覧のように顔がほとんど見えなかったり、当時から色が随分落ちたりと傷みが激しいことから、25年ぐらい前に京都の表具屋さんに頼んで法具しなおしました。」「そのとき若院が小学生の高学年だったので、これを抱えて京都の表具屋に行きなさいといって一人で京都まで行かせました。」「死んでもはなすなといったので、帰って来た時に聞いたら、寝るときも一緒に寝たのだそうです。」
そうして、表具師に聞いてみると、そう古いものではありませんが、とてもいいものだということでした。」
お寺にはそういったものがあります。




今晩は『お通夜』と呼ばれ、かつては泊まり込んで結願(けちがん=最終日)を迎えることから、27日の法要後にお斎を出します。
今回は参詣が多いようでした。他のお寺からも参詣がありました。

あと少し/5日目

式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『いつつの不思議をとくなかに』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』    







今日の日中から益田惠真師のお話です。
益田師は去年から来ていただいています。長崎教区第2組、報恩寺住職です。


 


<今日のメニュー>
ちゃんぽん
おから
おにぎり
大根の酢の物



式次第
<逮夜>19:30~
  正信偈    行四句目下
  念仏讃    濁五
  和讃     高僧和讃十六『専修のひとをほむるには』
  廻向     我説彼尊功徳事
         『改悔文』    











中日(ちゅうにち)、やっと折り返しです。/4日目

式次第
<晨朝> 7:00~
  文類正信偈  草四句目下
  念仏讃    濁三
  和讃     『本師龍樹菩薩は』
  廻向     世尊我一心
  御文     「三箇条」

式次第
<中日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『生死の苦海ほとりなし』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』    

いよいよ中日。
日中で岡本先生の法話が終わり。。
逮夜は「御伝鈔」拝読と御伝抄絵説きです。拝読者は役僧さんの林田師。絵説きは三澤師です。
岡本先生の法話はこれまで話してきたことのまとめ。
教典で言うところの「流通文」(るずうぶん)にあたります。



 
・・・・<おしながき>・・・・

25日昼

うどん
きんぴら
白菜の卵とじ










本堂の照りを消し、ロウソクの明かりのなか、親鸞聖人の生涯が書かれた御伝鈔が運ばれ、荘厳な雰囲気で拝読されました。
御伝鈔は報恩講の中日に読まれます。
御伝抄は長いので、毎年前半と後半と分けて拝読されます。今年は前半です。
親鸞聖人が出生され、比叡山を下りて法然上人の元に専修念仏の教えを学びにいくまでのご苦労が書かれています。
来年は後半が拝読されます。

御伝抄絵解(三沢)
絵解きは好評につき、今年の前半も三澤師です。

時間が短いためにざっとではありましたが、最後に親鸞聖人の吉水時代のエピソード。法然上人と弟子たちの信心が同じものであるとの議論がおこります。いわゆる”信心同一”という問題のシーンを取り上げ、解りやすく解説されました。
この絵像は、ただ親鸞聖人というひとりの人物の物語を描いたものではありません。親鸞聖人の生涯にわたって念仏の教えを明らかにされたお仕事と、念仏とはどういうものか私たちに教えてくれるものとして描かれています。つまり如来の恩徳の深さを表現したものになっています。









一日中雪です。寒い一日。/3日目

式次第
<晨朝> 7:00~
  文類正信偈  草四句目下
  念仏讃    濁三
  和讃     『尊者阿難座よりたち』
  廻向     世尊我一心
  御文     「大阪建立」


見えにくいね。これじゃ。


たいしたことないけど、寒いことだけはわかるよね?
この辺りでは、雪が降ることが最近ではあまりなくなりました。温暖化の影響でしょうか、珍しいでんす。長崎ででは、雪が降っただけですぐ高速道路は通行止めになります。雪国の人からすれば何だろうと思うでしょうが、このあたりには雪に対しての認識がないといっていいくらいです。


一日中雪がちらついて寒い一日でした。
最近ではこの時期に積もるほど降ることはありませんが、今日は少し白くなっていました。もちろん降ったうちに入りませんが・・・・・。楽しい


式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『無碍光仏のひかりには』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』    
 







天親と曇鸞という宗祖があおがれた二人の高僧を中心に、宗祖がになわれた生涯の仕事。信心を顕かにするということはどういうことかということを話されました。


レンコンと茄子のはさみ揚げ
山芋のみそ汁
ふろふき大根
ごはん

お斎をいただいたら、お葬式と中陰です。
本堂では、志の張り出しと、掃除です。

逮夜(たいや)19:30~

  正信偈    真四句目下
  念仏讃    濁五 
  和讃     「十方微塵世界の」
  廻向     我説彼尊
  『改悔文』


  法話     岡本英夫 師(島根県浜田市 徳泉寺住職)

親鸞聖人が生涯をかけて担われた仕事は、信心を顕かにされた。『親鸞』という名のりから見てもあきらかです。




明日は中日。逮夜(7:30~)には御伝抄の拝読があります。どうぞお参りください。

寒いです。/2日目

二日目。
朝から枕つとめが一件。
寒いこの時期になると、病気などで体力を落とされた方々が娑婆の縁を終わっていかれる時期です。
全く待ったなしですね。
明日は日中の法座がおわって葬儀です。

式次第
<晨朝> 7:00~
  文類正信偈  草四句目下
  念仏讃    濁三
  和讃     『安楽仏土の荘厳は』
  廻向     世尊我一心
  御文     「毎年不缺」


夕方から雪がちらついてきました。天気予想では明日はさらに寒くなるとでています。
日中は

式次第
<日中>10:00~
  文類正信偈  文類正信偈 行四句目下
  念仏讃    濁五三
  和讃     『自余の九方の仏国は』
  廻向     願以此功徳
         『改悔文』    
 <法話>


 



お斎のメニュー

うなぎもどき丼(山芋と卵をとじたもの)
吸い物








逮夜(たいや)19:30~

  正信偈    真四句目下
  念仏讃    濁五 
  和讃     「神力自在なることは」
  廻向     我説彼尊
  『改悔文』

  法話     岡本英夫 師(島根県浜田市 徳泉寺住職)

岡本英夫先生

いよいよ始まりました。/初日




式次第
<晨朝> 7:00~
  文類正信偈  草四句目下
  念仏讃    濁三
  和讃     道光明朗超絶せり
  廻向     世尊我一心
  御文     「中古已来」


<初日中> 10:00~




『法服(ほうぶく)』とよばれる特別な時(とても大事な法要)に着る装束とつけます。一人では着れないので、役僧さんに着付けてもらいます。


 登高座
  『伽陀』   稽首天人
  『報恩講私記』
  『伽陀』   直入弥陀
  下高座
  文類正信偈  草四句目下(早)
  念仏讃    濁五 
  和讃     「光明月日に勝過して」
  廻向     願以此功徳
  『改悔文』

  法話     住職


<法話>

仏がわれわれを救うのではなく、われわれを救うはたらきを仏という。
安田理深師はこういわれました。
 「人間は悪いことがきませんように、もっと幸せになりますように」と神仏に祈ります。どれだけ祈っても「そう思いと通りにいかないのが人生である。」とはわかっているのです。そうはいっても人生は悲しく、明日に不安が深いから祈られずにはおれません。
われわれは弱いのです。だから運命を恐れ、さまざまな宗教に誘惑され、だまされやすい。
親鸞聖人は「真実」に遇う以外に救いはない。「真実こそがわれわれを救うはたらきである」。これが根本的真理であるとさとられました。そして自ら道を求めつづけ、ことばをさがして著作し、流浪の旅において語られました。一生かかって、全世界の人間のすくいのために捧げつくし、90歳でご入滅されました。聖人の魂がこもったことばにふれてたすかっていくのです。「報恩講」とはまさにそのことです。
さあ発心して報恩講の法座にお参りください。親鸞聖人があなたをお待ちです。(報恩講の案内状より)



真実という利益
 虚偽(いつわりのおこない)によって起こる悲惨な現実を救うには、虚偽をなくすことにあると思う人があるだろうけれども、私たちは単に虚偽をなくすということはできません。
なぜなら、虚偽とは縁に触れ人間の煩悩よりおのずと出てくるものだからであります。それなら煩悩を無くせば虚偽もなくなると思うかもしれない。ところが煩悩がないということにおいては人間が成り立たない。私たちは、煩悩があるからこそ人間という現実を生きられるのでしょう。だから「煩悩を無くす」という理想的あり方は現実的ではないのであります。すなわち、理想だけあって現実がないのです。では「現実が成り立つ理想」とは、どういう理想なのでしょうか。それは仏が群萠(ぐんもう)に真実を恵むことであります。群萠に真実という利益をもたらそうとする理想、それが誓願であります。すなわち、その仏によって抱かれた偉大な理想を「無常道心」というのです

寺報『徳風』第8号より


というこれまで書いた二つの文を紹介しながら、なぜ真実にあうことが救いなのかということを話されました。



=お斎=
今日から一週間精進料理です。精進料理のことを”質素な食事のこと”と誤解をしている方がいましたが、基本は肉や魚のような 

  しそ巻き豆腐フライ(チーズ・うめ)
  サラダ
  煮物(人参・大根・)
  ごはん





いただいた志の集計します。
掃除をして逮夜に備えます。



逮夜(たいや)19:30~

  正信偈    真四句目下
  念仏讃    濁五 
  和讃     「神力自在なることは」
  廻向     我説彼尊
  『改悔文』

  法話     岡本英夫 師(島根県浜田市 徳泉寺住職)





信心の問題。
歎異抄第2章の問題、信心成就とはどういった問題なのか。ということを話されました。まだ初日序の口です。

報恩講が明日からはじまります。/報恩講準備最終日


今日はアメリカでは新らしい大統領の就任式がありました。「Change!」をスローガンにアメリカがどう変わるのかが見所です。アメリカの黒人が解放されて初めての黒人のリーダー誕生ですから、アメリカ国民にとって期待は大きいのだろうと思います。変わるということはいいことばかりだとはいえません。悪く変わることもChengeです。人生にも人の心にも変化や場合によっては革命も大事です。
これからがこれまでを決めるのでしょう。


さて、明日からいよいよ報恩講がはじまります。今日はすべての荘厳を飾ります。



朝、日並から野菜が沢山届きました。
お斎に使う材料は日並みから届けられます。
この日並地区は、旧家はほとんど門徒です。お寺からは当時一番遠い地区でした。今は車や広くてまっすぐな道路が整備され近くなりました。
長崎市内や琴海方面や長与町まで活動範囲は広がりましたが、昔は歩いて行っていたので報恩講の時期には泊まり込んで参詣していました。
昔から日並という地区は熱心な門徒が多く、総代なども多く出た地域です。
萬行寺から遠いということもあり、かつては力のある講頭がいたそうで、法要の度に通って住職の話を持ち帰り、講中の人たちにその話をそのまま聞かせていたということがあったそうです。
そういった伝統も時代の流れによって変化し、少しずつ参詣が減少傾向にあるのも事実です。


きょうは瓔珞(ようらく)を吊ります。打敷きと水引をかけます。輪灯を吊って華とお華足を荘厳します。それから登高座を置きます。





最終チェックです。手直しをします。以外に内陣が狭くて他の荘厳と折り合いがつきません。微調節をしながら一つ一つ置いていきます。













お華束。横から見たら奇麗です。

報恩講の案内>>
HPトップへ戻る>>

お華束・お華・荘厳/報恩講準備5日目。


長年倉庫で眠っていた5色幕を出して来ました。本来は本堂の御拝口に吊るものではありませんが、急遽吊ることになったので、今年はこうしておきます。

ずいぶん雰囲気が違うものです。ん〜。なんだかそれっぽい拍手



今日はお華束と華の追い込みです。今日で一応完成です。あとは実際に内陣に置いて見ての手直しです。


着々と進んでいます。大谷派の供物は主に杉盛華束(すぎもりけそく)と須弥盛華束(しゅみもりけそく)があります。


どちらも小餅を用い、報恩講の時は須弥盛華束で、傘のようにして胴には間に色を入れます。


リーダーの精八さんのチェックが入ります。


いよいよ着色にかかります。


マスキングをして鮮やかな色が入ります。


やっと完成です。




華も大詰め。




お内仏と門徒会館の華も立てられます。二人は慣れないようで教わりながら時間をかけてじっくりやっています。


仏具もようやく組み立て明日に備えます。




完成しました!!
今日の作業はこれでおしまい。今日はごちそうで乾杯です。「終わった後のビールはウマい!」
「今回はお華が良くなった」と住職も満足でした。この日のために華方は日豊教区の四日別々院まで見学に行きました。そこで学んだことが活きていたのだと思います。
みんな生き生きしていて楽しそうでした。

お客のいない報恩講。
真宗門徒の報恩講門徒。
お客は如来聖人です。


あしたはいよいよ21日。内陣荘厳を行います。




夕方はそれぞれ通夜と祥月のお参りです。


報恩講の案内>>
HPトップへ戻る>>

華立て・餅つきの準備/準備3日目

いよいよ明日からお華足作りが始まります。
これもまた人海戦術です。
あしたは大勢やって来ます。

一年に一回、この時にしか会わない人もいます。
逆に毎年楽しみにやって来る人もいます。
「今年が最後かな?」と思っていたけど、また元気になってやってくる人もいます。
呼ばれたからやって来る人もあれば、「お寺さんから呼ばれた」と喜んで来る人もいます。
本当にそれぞれです。でも、それでいいのです。それでもみんなやって来るのですから。

自分の仕事がおわったら帰る人。
何か手伝うことがないかと自分のできることを探してずっとお寺にいる人がいます。
朝早く、みんなが寝ている時間に、いつもたった一人やってきて毎日境内を掃除してくれる人がいます。

本当にそれぞれです。



今日も華方は夕方まで作業です。



台所は13日から28日まで毎日フル活動。。。ご苦労様です。


<本日の献立>
皿うどん
株の酢漬け
ひじきの煮物
       (10人前)



==========


萬行寺遠景

萬行寺遠景。



如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし



報恩講の案内>>
HPトップへ戻る>>
続きを読む >>

お磨き/準備二日目。

報恩講の大人数でおこなう仕事にお磨きがあります。
仏具をピカピカに磨きます。たった2ヶ月で驚くほど光沢がなくなっていますよ。
磨いたことのない方はぜひ仏具を磨いてみてください!
ほんとにけっこう汚れるんです。




萬行寺は年に6回の法要と毎月の両度のご命日とその逮夜・正月の修正会が一年の行事です。そのうちお磨きがあるのは年に6回の法要のうち、夏の「作上がり法要」以外は毎回門徒が集まって仏具を磨きます。(これが結構汚れるんです!)そのうち一年で一番磨き物が多いのが、この報恩講です。なんといっても一年で一番重い法要ですから、お飾りやお華足も真宗の荘厳としては目一杯飾ります。そのため磨く物の数が多いんです。その上一年に一回しか磨かないものもあるので、手際よくさっさと磨かないとすぐに時間になってしまいます。



(左底弁)わったちゃ、仏具ば磨けばよかってばっか思うとるやろ。お磨きばすっとも大事ばってん。自分の磨いた仏具ば見にお寺に登らんば。そいでお話ば聞いて帰えっとたい。そんためにお磨きばしよっと。折角のご縁じゃもん。お話ばし聞かじおって報恩講の勤まるか。」佐底の名物ばあさん。小園さん談。





今回のお磨きの当番地域は野田・左底・久留里の3つの郷です。
この3地区は、時津町でも山の中の谷間にある地域で、おおよその旧家は現在日蓮宗で、萬行寺の門徒は少ないところです。
この辺りはかつて山岳信仰があったと思われる祠や神社が多く、時津町には江戸時代からあるお寺は一ヵ寺となっていますが、真言か天台のお寺があったともいわれています。
ほとんど知られてはいませんが、少しですが古戦場の後や、お寺があったのではとおぼしき石垣などが残っています。どれもおそらく江戸以前に多くいたと見られるキリシタンによって破壊された寺院ではないだろうかと思われます。それが明治新政府の政策によって、お寺だったものを神社に変えられたりしたもののようです。それもいまとなっては知る人もいませんから、全く解りませんが・・・。
この地域はかつて萬行寺の門徒が今よりも多くいたらしいのです。しかし江戸期に大きな飢饉か疫病のようなものが流行ったらしく、その事態の収拾にこの地域の人々が萬行寺に詰めかけて来てこの飢饉や疫病を祓ってくれ、という風なことをお願いしたのだそうです。するとその当時の住職は「わたしにはそんな力はないし、事実どうにも出来ない。それに真宗の教えはそういうものではない。」というようなことをいったのだそうです。そのことがきっかけで門徒を離れた人がいたときいています。

・・・・・そんなこんなで現在に至っているようです。それぞれに歴史があって面白いですね。


お昼はお斎をいただいて解散です。




昼からは華方がやって来て夕方まで華立てです。






「違う違う。これはこっちじゃなくてこっちに立てます。」

「華は自分の力で曲げない。自力ではなく他力です。だから、自然(じねん)になっているその幹の流れにそって立てるんです。自分の思うようしようとしたら格好は悪くなります。またそうはならないものです。」

大谷派の仏華は池坊の立華を基本にしています。混み藁をつくって、山に材料を取りにいくところから仕事がはじまり、幹つくりからやります。松一色で立てます。

報恩講の案内>>
HPトップへ戻る>>