誰か来ないかな〜。

日曜学校まっております。


 

日曜学校お泊まり会

今日は雪浦の真光寺の日曜学校のお友達と一緒に萬行寺にお泊まりです。

今回初めてお泊まり会を企画してみました。
子ども達が集まるのは何と言っても夏休み。
この頃の夏は猛烈な猛暑。30度超えも当たり前になってきました。これまでエアコンがなかった本堂でしたが、今回ようやくエアコンが入り、夏の最中でも快適に集いができるようになりました。そんなこともあり思い切って少人数ではありますが、日曜学校のお泊まり会を計画しました。

 

 

 

 

 

今回、初めての試みとしてお願いしたのは、図書館司書の豊島さん。お話と手遊びで一時間子たち達と過ごしました。最初はそこまで集中力が持つかと思っていましたが、豊島さんの話術の力で子どもたちは最後まで楽しんでいました。
 

今回のもう一つの目玉は「マジックショー」。素人ではありますが、子どもを惹きつけるには十分見ごたえのあるマジックで大人も大爆笑。楽しいひと時でした。

 

 

 

 

お寺に来ることや教えに触れるご縁作りになったのではっと思います。

子どもたちは楽しそうに「帰りたくない」と言っていたので一安心。

一応、成果はあったように思います。これを続けていければなと思います。

毎週日曜日9時から日曜学校やっています。

どうぞ、おいでください。

 

 


 

萬行寺 日曜学校においでください。

萬行寺では毎週朝9時から子どもの集い萬行寺日曜学校を行っています。

子どものうちから正信偈を読むことや浄土真宗の教えにふれる機会を持つことは大切な事です。目に見える事ではありませんが、その子にとって一生の財産になる事でしょう。
親子での参加も歓迎いたします。

 

続きを読む >>

長崎教区 第1組 児童大会

今日から二日間長崎教区第1組の児童大会が開催されます。

長崎市内と諫早・島原のお寺から子どもたちが福田の西光寺に集まってきました。

毎年夏休み期間に子供達が集まってお寺で一泊の児童大会が開かれます。毎年来る子もいれば初めての子もいます。初めてお寺に泊まる子もいます。今日はなかなかの炎天下。具合が悪い子供が出ないかとヒヤヒヤです。

 

ゴールデン雪の浦ウィーク!!

大瀬戸町の雪浦にある真光寺さんに10名でおじゃましました。萬行寺から約40分ちょっと、車でかかります。ここは長崎教区の第2組で、2組のお寺は全て外海(そとめ)と言われる東シナ海に面した地域にあります。世界遺産に申請中のやキリスト教関連の史跡や、隠れキリシタンの歴史などを訪ねて全国からいろいろな人が集まってきます。今日は「雪の浦ウィーク」といって地域ぐるみのお祭りのようなイベントで町中のお店やイベントが沢山あります。人も多く賑やかな1日。ここは他にはない独特の土徳と風土があり、いろいろな著名人や研究者や芸術家などが移り住んでいるようです。なかなか環境がいいということでしょうか。
 今回の真光寺さんへの訪問は二度目になりますが、日曜学校としておじゃまするのは初めてです。



_DSC0080.JPGまずは御本尊にご挨拶。日曜学校に来たなら、まず雪の浦の日曜学校のお友達も一緒に揃って正信偈のおつとめです。そのあとはいよいよお楽しみです。まずみんなで集合写真をパシャリ! 


   ↑をつかんで楽しんでいます。

自然がとても豊かで、緑豊かな田園風景が広がっています。かつては日本中のどこでもこのような豊かな風景だったのでしょう。
雪の浦に生息する生き物たちとも触れ合うことができました。


山奥の窯で美味しいピザをいただきました。ありがとうございました。
各々それぞれ満喫しました。お寺の周囲も各自で散策したりしました。

1組児童大会

毎年恒例の第一組児童大会が行われました。今回は長崎市の桶屋町にある光永寺さんで一日の行われました。
 ここは中島川沿いのお寺で市民会館の側にあります。
長崎大水害では目の前を流れる中島川が氾濫し大きな被害を受けたそうです。
ここはかつて天領のお寺さんで古い本堂は戦後、原爆で痛みが激しくGHQより解体命令が出てしまい解体せざるをえなくなったのだそうです。
その当時の本堂は17間あったそうで、ちょうど東本願寺の阿弥陀堂と同じくらいの大きさだったようです。長崎駅から桜町方面を見ると、現在市役所が建っている丘の上に本堂の棟が見えたというはなしを聞いたことがあります。長崎の古写真を見る限りではずいぶん立派な本堂が建っていたようです。今回、ご門首をお迎えして御親修の御遠忌が予定されています。庫裏も老朽化のために新築しました。
ここには福沢諭吉にまつわるものがあります。
門の前には「長崎県議会発祥の地」と書かれた石塔が立っています。ここの本堂で第1回から5回までの長崎県議会が開かれた由緒あるお寺です。


一組児童大会(光永寺)3

一組児童大会(光永寺)1

前日から準備した「流し素麺」も大好評!!大成功です。
竹を伐り出して半分に裂いて節を適当にとって吊るしただけですが、流れ具合も長さもちょうど良くみんな楽しく食べていました。
一組児童大会(光永寺)2

日曜学校、島原へ

夏も本番、お寺の日曜学校には夏休みはありません。毎週日曜日になると子どもたちが集まってきます。以前に比べると子どもたちの数が若干ですが増えてきました。そこで「せっかくの夏休みなので、どこか遠くに行きたいな」ということで
以前もうかがった若坊守の郷、雲仙市南串山にある浄土真宗本願寺派のお寺楽常寺さまにおじゃましました。
去年はお盆の次の日に浄土真宗本願寺派のお寺光源寺さんを訪ねて「飴屋の幽霊」をみました。

今回の目的の一つに6月に誕生した三女、依子(よりこ)ちゃんに会いにいくためです。以前は3歳年上の双子のお姉ちゃんが誕生したときでした。
途中、お昼は唐比でバイキングをたらふく食べて出発です。

お寺では大変な歓待を受けてご門徒のみなさんも大喜び。
若院さんにご法話いただき、子どもたちも大喜び。依子ちゃんも可愛いと大はしゃぎ。
美味しいケーキとお茶までいただきました。
11月には親鸞聖人七五〇回大遠忌が勤まり、若院さんが新しく住職となられます。
忙しい中に時間を作ってくださって楽常寺のみなさま大変ありがとうございました。

記念撮影をパチり。
はい!そこ!よそ見をしない!



帰りは小浜の足湯につかってかえりました。
久しぶりの遠出、いい思いでになったことでしょう。また機会があれば日曜学校で色んなお寺を訪問して見たいと思います。巡回の日曜学校をしてみたいですね。


日曜学校ピクニック

日曜日。
天気もよく、晴れています。
今日は萬行寺から車で25分ぐらいのところにある「あぐりの丘」にお弁当を持ってピクニックに行きました。
牧場があり、牛や馬などが放牧されているのどかな場所です。
日曜学校ピクニック

日曜学校ピクニック

萬行寺日曜学校 光源寺へ行く

ようやく雨続きのお盆も終わり、長崎市内も帰省の車が目立ち出してきました。お盆休みも終わって現実の生活に帰る頃になるのでしょうか。

 今日は萬行寺日曜学校の特別企画。伊良林にある光源寺さんに「産女(うぶめ)の幽霊」を見学に行きました。
初めて聞いたことですが、産女の幽霊は、「飴屋の幽霊」ともいわれ、古くはガンダーラの石像の中に「死女が子を産む説話」のレリーフがあるのだそうです。



さらに詳しく聞いてみると、この像は、の木彫り像で、現在は頭部と胸部しかありません。かつては胴体もあったのだそうですが、原爆で壊れたということです。
幽霊の像が納められている桐箱には墨書で「延享五歳…」とあって、延享5年(1748)に作られたもので、およそ260年ほど前のもののようで、どうやら作者は不明なのだそうです。
由緒書によれば、二十四輩(親鸞聖人の関東時代の高弟24人と、その24人を開基とする寺院)の一、十八番目の弟子である入信房が開基とされる常陸国(茨城県)無量寿寺にあった幽霊と書かれいるそうで、同寺の伝説を元につくられた幽霊像と見られているのだそうです。
そんな由緒正しいものだとは全く知りませんでした。
無量寿寺

幽霊像を持って、各地を布教していた人が、最後に譲り渡したのが長崎の光源寺らしのです。最近は、「古い家を解体したら幽霊の掛軸がでてきた!」といって、光源寺に持ち込まれることもあるそうで周りにもいくつか幽霊の掛け軸が飾ってありました。


墓の中で生まれてしまった子供のために、三途の川を渡るための六文銭を使って飴を買い求めるようなやさしい母親とはとても思えない恐い顔ですが、実はこの像には由来書があり、飴買い幽霊のお話は後日付け足されたものだと言うことがわかっているそうです。


子ども会巡回/柳渓寺

待望の夏休みが始まり、

今日は野母崎方面のお寺で子ども会巡回が行われました。
お寺の名前は柳渓寺(りゅうけいじ)といいます。


今回のゲーム担当は西光寺のご住職。
昔からこのような子どもが集まる時には得意なゲームを一つ披露することがありました。
既成のゲームをアレンジして飽きないようにしていました。さすがベテランは違います。子どもたちの楽しそうな様子が伝わってきます。



次は、新聞紙の文字探しです。



あまり時間はありませんでしたが、海にも遊びにいきました。少し曇り気味で残念でしたが、それでも子どもたちは遊びの天才。すぐに遊び出していました。帰りは車の中で疲れてぐっすり眠っていました。


子ども会巡回/浄真寺

今日は10時からの定例法座が終わり、足早に浄真寺へ向かいます。浄真寺は長崎市の水浦にあります。今日は朝からあいにくの雨で、少々ジメジメした天気でしたが浄真寺には子どもたちもたくさん集まり楽しい巡回でした。





ゲームも大盛り上がり。
指導は教区一の長身の新人さん。あまり子どもたちにふれる機会が少ないのかな?それでもゲームは大盛り上がり。
ゲームはやっぱり単純で、みんなが簡単に参加できるものが一番面白いですね。





次回は夏休み中の7月26日。三和町にある柳渓寺(りゅうけいじ)にて行います。


楽しい日曜学校


おおよそ毎週子どもたちはやってきます。
毎週やってきては正信偈と御文を読むだけの日曜学校です。
特別何か楽しい遊びを毎週やるわけでもありません。
しかし、子どもたちはそれが楽しいらしいのです。
正信偈を読むことが嫌だと思ったこともないといっていました。
学校に行くより楽しい。ともいっていました。
不思議なものです。普通は子どもを喜ばせるようなことをするにはあれやこれやと楽しいことを見つけて楽しませてやろうと大人は考えますが、萬行寺の日曜学校では正信偈と御文を読んで仏さまのお話を聞くだけなのです。それが子どもたちの楽しみになっているということはすごいことだと思います。